ネ  ッ  ト  で  参  拝

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [西会津町]

大 山 祇 神 社

 御本社までは、4キロほどの山道である。
 看板に記載の 「徒歩60分」 は、キツイ。
 険しくはないが、山歩きしない人にも、キツイ。
 若者なら いざ知らず、上りは1時間30分を見よう。
 途中の見どころは、不動滝、矢作の滝、杉並木参道である。

 ▲(西会津町野沢字大久保甲1445-2 Tel. 0241-45-2323)
以下の緑色の文は、現地の「説明板」から

遙拝殿

遙拝殿

 御本社に向かう前、遙拝殿にお参りしよう。
 口をゆすぎ、両手を清める。
 御本社までの無事を祈願する意味合いもあるが、これから訪れるとのお知らせをする。



駐車場の現地板 大山祇神社の説明文 御本社参道案内図


 駐車場から参道への入り口には、
  「御本社参道案内図」
のほかにも、様々な説明文がある。

道祖神 (やすらぎ)

道祖神(やすらぎ) 道祖神(やすらぎ) 道祖神(やすらぎ)の説明文
やすらぎ
 童神が頬に手を当てて、きょうの吉き日を ゆめ見て祷る。
 それは 明日も あさっても、永遠のねがい ―
やすらぎ道祖神
 童神(わらべがみ)(ほほ)に手を当てて やすらぎながら今日(きょう)明日(あした)もあさっても、
みんな(しあわ)せでありますようにと、夢みる姿です。
 これから山道をたどって、その願いを求めましょう。

石橋

 駐車場から数10メートルほどの下り坂。
 下り切ると、中野川支流のコンクリート橋に至る。
 この橋を渡ると、聖域に入る。
道祖神(うるおい)への林道
 林道は広く立派すぎて、車のわだちがあるのが、なぜか残念に感じる。

不動滝への二股


不動滝の標札
 まもなく、不動滝へ下る二股の道に至る。
 右折する。


道祖神 (うるおい)

道祖神(うるおい) 道祖神(うるおい) 道祖神(うるおい)の説明文
うるおい
 女神が山あいから こんこんと溢れ出る泉を両の掌の盃に受けて祷る。
 水は万物の いのちの源泉 ―
うるおい道祖神
 女神(めがみ)が山の間から こんこんと流れ出る水を両手に受けて、お祈りする姿です。
 水は すべての生き物の大事な大事な(みなもと)
 土があって、水があって、私たちは育つのです。

水源地蔵堂 水源地蔵堂

水源地蔵

 不動滝の手前に、水源地蔵のお社が建立されている。
 堂の脇に不動滝がある。

不動滝

不動滝        .

 落差は約10メートル位。
 真下から見上げられる。.
 滝を眺めていると、   .
パワーが蘇ってくる    .
 最初のパワースポット。 .

不動滝からの迂回路  戻る途中に迂回路の矢印がある。
 大差はないが、迂回路を進む。

迂回路の出口

 程なく、林道に合流する。

矢作の滝への林道

 林道を進むと、お社が見える。



矢作の滝の標札 矢作の滝のお社


 お社の左手崖下が「矢作の滝」。

矢作の滝

矢作の滝

 不動滝と同様に、お社が建てられている。
 「弥作の滝」とも呼ばれる。
 林道からは小さい滝のように見えるが、落差は不動滝と同じ位あり、立派で流麗な形の滝である。
 降りる道は、細くて急なので滑りやすく、注意が必要。
 雨の日には、避けた方が無難。

道祖神 (出会い)

道祖神(出会い) 道祖神(出会い) 道祖神(出会い)の説明文
出会い
 男神と女神が掌を合わせて祷る優しい えにし、奇しき一度の
出会いが、永遠の しあわせの門出に ―
出会い道祖神
 男神(おがみ)女神(めがみ)が手を合わせ、仲の良い夫婦神(めおとがみ)になる誓いの姿です。
 たった一度の めぐり合いでも、おたがいに愛あり真心(まごころ)があれば
(しあわ)せの門出(かどで)となり、大切なものなのです。

矢作の滝から道祖神(ぬくもり)まで


 御本社までは、1,700メートル。

道祖神 (ぬくもり)

道祖神(ぬくもり) 道祖神(ぬくもり) 道祖神(ぬくもり)の説明文
ぬくもり
 母神が子神を ふところに抱いて祷る。
 母は すべてを温かく優しく許し、子は、それに守られて育ちゆく ―

ぬくもり道祖神
 母神(ははがみ)子神(こがみ)を ふところに抱いてつつみ、(しあわ)せを祈る姿です。
 お母さんは 時には きびしいけれど、心は いつも(やさ)しく(あたた)かく
許してくれていて、子どもは それに守られて育つのです。

道祖神(ぬくもり)から杉並木入口まで

 林道を進むと、最大のパワースポットである杉並木の入口の標識に至る。
杉並木の入口  大半が林道歩きであったが、
ここから御本社までは、古来からの参道を巡る。

杉並木参道

杉並木参道


杉並木参道
 御本社へ 900メートル。


杉並木参道
杉並木参道
 古来からの参道が、そのまま残っている。
 杉の根っこが、地表に剥き出しになっている。
 今なお、最大の「パワースポット」。
 静寂さの中に、自然の息吹が満ちている。
 時が止まり、神話の時代に、身も心も包まれる。
杉並木参道
杉並木参道
杉並木参道
「御本社ニ 五丁」の碑

御本社ニ 五丁

 御本社まで、約540メートル。
 樹齢450年余の杉並木が立ち並ぶ。
 「ふくしまの遊歩道50選」の一つ。
 急な坂道なので、滑らないように、ご注意を。

道祖神 (まどろみ)

道祖神(まどろみ) 道祖神(まどろみ) 道祖神(まどろみ)の説明文
まどろみ
 女神が男神の胸にもたれて、まどろむがごとく祷る。
 すべてをあずけ、すべてを受けいれ、愛のすがた ―
まどろみ道祖神
 女神(めがみ)男神(おがみ)の胸にもたれて、まどろむようにして祈る姿です。
 すべてをあずけ、男神(おがみ)は それぞれを あたたかく受け入れて、
おたがいの信頼(しんらい)と愛を永遠(えいえん)に願うのです。

石段202段

石段202段

石段202段の標札 スギ並木の石碑
 御本社へ 600メートル。
 杉並木参道が林道を横切り、参道は石段となる。
 林道は迂回路であるが、こちらも勾配がある。


大山祇神社通路の碑

大山祇神社通路

大山祇神社通路

 石段を上り切り、林道を横切る。
 上りは、緩やかとなる。

杉並木道の標札

杉並木道

杉並木道  御本社へ 300メートル。
 樹高 : 37m、幹周り : 3.7m。
 樹齢 : 380年。
 県指定緑の文化財。

杉並木道
杉並木道

「御本社ニ 一丁」の碑  左手に林道が並行している。
 今までの杉並木参道より開けている。
杉並木道  勾配が緩み、想いにふけながら進む。

御本社ニ 一丁

 御本社まで、約110メートル。

道祖神 (よろこび)

道祖神(よろこび) 道祖神(よろこび) 道祖神(よろこび)の説明文
よろこび
 童神が合掌して、これまでの願いに応えて祷る。
 願いは七色それぞれに違うが、一つでも叶えた歓び ―
よろこび道祖神
 童神(どうしん)合掌(がっしょう)して、私たちの これまでの願いに こたえて祈る姿です
 その願いは いろいろありますが、ようやく ここに たどり着いたことも
願いが(かな)ったことの一つなのです。

 大杉の参道の先に石段が見えると、御本社である。


御本社 御本社の碑 御本社の石段

御本社

御本社 御本社 御本社
 有名なわりに、こじんまりしていると人はいう。
 雪国の山に築かれた社 (屋代) にしては、大きい方だ。
 これ以上 大きくすると、積雪には耐えられまい。

帰 路

帰路

 参拝を終えたら、足下の確かな林道を下ろう。

御本社前の茶店
 観光シーズンなら、御本社前に茶屋が開く。
 昼時なら“ニシンそば”、休憩なら“みそおでん”がお勧め。


遙拝殿

遙拝殿

 無事参拝できたことを感謝し、これからを祈願する。

[閑話]     .
[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]   [西会津町]