戊  辰  の  役  /  殉  難  者

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]  新潟県  小出島  小千谷  大昌寺

招 魂 社 (新潟県長岡市)

 慶応4(1868)年8月16日、再起を図るべく会津へ向かった長岡藩総督/河井継之助は、長岡城攻防戦で受けた傷が悪化し、志半ばで途中の塩沢/矢沢宗益宅にて無念の死を迎えてしまう。
 遺体は、終焉の地にある医王寺で荼毘に付され、鶴ヶ城下の建福寺に仮埋葬された。
 大隊長/山本帯刀率いる隊士たちも、河井継之助の遺志を継ぎ会津で奮戦しするが、同年9月8日に悲運の死を遂げた

<悠久山公園と併記>      .

 明治7(1874)年、戊辰の役で義に殉じた河井継之助・山本帯刀など長岡藩士たち350余名 (309名とも) を慰霊すべく、長岡藩歴代藩主御霊廟の隣りに創建された。
 戊辰の役の遺恨を晴らすべく西南戦争の徴募に応じ、奮戦するも戦死した池田九十郎など旧/長岡藩士18名も、後に合わせて祀られている。
 明治45(1912)年9月、現社殿に改築。
 ▲(長岡市悠久町707  蒼紫神社の奥)


山本帯刀  河井継之助

        河井継之助の像


千本木林吉  山本帯刀隊/銃卒隊長。
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 28歳。 本光寺
篠原伊左衛門  銃卒隊長。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村で負傷し、8月2日に死去。
倉澤喜惣次  銃卒隊長。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡寺町辺で戦死。
二見虎三郎  山本帯刀隊/軍目付。
 慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で戦死。 栄凉寺
戸井平四郎  銃卒小隊司令。  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡宮原で戦死。
塚本茂八  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村で戦死。
立川寅次  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村で戦死。
高橋吉之助  銃卒。  慶応4(1868)年6月2日、越後/今町で戦死。

竹垣録之助  銃士、小隊司令。
 慶応4(1868)年7月1日、越後/荷頃村で戦死。
吉田仙助  銃士、小隊司令。
 慶応4(1868)年6月14日、越後/栃窪村で戦死。
横澤吉四郎  銃士、小隊司令。
 慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で戦死。
宮岩太郎  銃士、小隊司令。
 慶応4(1868)年6月22日、越後/半蔵金で戦死。
須佐喜幸次  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/草生水村で負傷、8月に津川で死去。
丸山清蔵  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下三之江土手で戦死。
野口和吉  銃卒。  慶応4(1868)年5月24日、越後/杉沢で戦死。
小林吉郎右衛門  慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で戦死。

中島半太夫  銃士。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡西神田丁で戦死。
二見斧右衛門  隊外士分。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町丁口で戦死。
牧野十助  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡発田で戦死。
土屋五兵衛  銃士、嚮導。
 慶応4(1868)年6月4日、越後/葛巻地方で戦死。
篠田愛作  銃卒。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
渡辺束兵衛  銃卒。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下で戦死。
戸田只弥  銃卒。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡で戦死。
植村音之助  銃卒。  慶応4(1868)年6月14日、越後/大黒村で戦死。

松本保右衛門  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下今朝白丁で負傷、
  8月2日 (26日とも) に会津/坂下で死去。
飯田直太夫  武器方頭取。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下御武芸役所で戦死。
田中信左衛門  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/福井村で戦死。
村松左仲  銃卒。
 慶応4(1868)年8月25日、会津/若松七日町で戦死。
桜井定次郎  銃卒。  慶応4(1868)年6月14日、越後/大黒村で戦死。
荒井錠蔵  銃卒。  慶応4(1868)年5月11日、越後/妙見口で戦死。
武士俣友三郎  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村で戦死。
植村七五郎  銃卒。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下寺島で戦死。

近藤平八  砲士。
 慶応4(1868)年6月14日、越後/福井村で負傷、後に死去。
大平杢之助
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
桑原良蔵  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下長丁で負傷、
  8月21日に会津/若松で死去。
渡辺善蔵  銃士。
 慶応4(1868)年5月24日、越後/杉沢で戦死。 忠死尊霊塔
佐藤伊野七  伊之七とも。 銃卒。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
佐藤正吉  正吾とも。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
杉野津平次  銃卒。  慶応4(1868)年6月9日、越後/福井村で戦死。
斎藤善五兵衛  銃卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下で戦死。

岩崎丈左衛門  伝令。
 慶応4(1868)年7月26日、越後/森立峠で捕えられ、軽井沢村で虐殺。
恩田久右衛門  伝令、銃兵。
 慶応4(1868)年7月2日、越後/大黒村で負傷、後に死去。
金津コ之助  銃士。
 慶応4(1868)年7月2日、越後/大黒村で負傷、18日に死去。 30歳。
寺田善右衛門  善左衛門とも。
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
高橋辰蔵  銃卒。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
今村治兵衛  今井とも。 銃卒。  慶応4(1868)年7月1日、越後/土ヶ谷で戦死。
伊藤豊次右衛門  銃卒。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下寺町で戦死。
長谷川半七  銃卒。  慶応4(1868)年6月22日、越後/福島村で戦死。

平林貞次  銃士。
 慶応4(1868)年7月1日、越後/で捕えられ、25日に虐殺。
福島静衛之助  伝令附属士。
 慶応4(1868)年6月14日、越後/大黒村で戦死。
柳町茂左衛門  銃士。
 慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で戦死。
三間矢治馬  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下馬場丁で戦死。
久保織右衛門  伝令附卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡宮原で戦死。
吉岡栄八  銃卒。  慶応4(1868)年6月8日、越後/森立峠で戦死。
正山猪三郎  銃卒。  慶応4(1868)年6月2日、越後/今町で戦死。
清水勝左衛門  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下で戦死。

福原良右衛門  弾薬方士分。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/福井村で戦死。
加藤弥左衛門  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下で戦死。
増井弥平
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
長谷川改之進
 慶応4(1868)年5月24日、越後/杉沢で戦死。 忠死尊霊塔
八木藤太  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
寺田九郎左衛門  隊外卒。 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡寺島で戦死。 光照寺
小林辰太  銃卒。  慶応4(1868)年7月1日、越後/土ヶ谷で戦死。
村田佐平次  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下で戦死。

岡村友次衛門  銃士。
 慶応4(1868)年7月1日、越後/荷頃村で戦死。
磯貝粂之進  銃兵。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城で戦死。
和田忠九郎  弾薬方士分。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/十日町で戦死。
大野禎助  銃士。
 慶応4(1868)年7月2日、越後/大黒村で戦死。
小林国蔵  銃卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下で戦死。  光照寺
清水春弥  銃卒。  慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で負傷、後に死去。光照寺
小林権四郎  銃卒。  慶応4(1868)年7月1日、越後/土ヶ谷で戦死。
中村加茂左衛門  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下で戦死。

井上繁之進  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/新保村で戦死。
新井彦兵衛  銃兵、隊外士分。
 慶応4(1868)年7月25日、長岡城下大工町で負傷、
  8月1日に見附病院で自刃。
瀧澤準次  銃士。
 慶応4(1868)年7月1日、越後/土ケ谷で戦死。
酒井貞蔵  号:晦堂。 藩校/崇徳館教授。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/片田村で戦死。 40歳。 長興寺
丸山菊五郎  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
角田美右衛門  銃卒。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下で戦死。
猪俣佐喜蔵  銃卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/土合村で戦死。
関能嘉膳太  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下で戦死。

小笠原朝之進  銃士。
 慶応4(1868)年5月10日、越後/浦柄で戦死。
渡辺強次郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下新町村で戦死。
仙田隼人  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/片田村で戦死。
九里波之丞  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡西神田で戦死。
大味伝吉  銃卒。  慶応4(1868)年6月2日、越後/今町で負傷、8月26日に若松で死去。
   (6月4日に葛巻で戦死とも)
高橋彦右衛門  銃卒。 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。本光寺
大川角太夫  銃卒。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下で戦死。
大竹此助  銃卒。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下で戦死。

石垣濱之助  銃兵。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下(越後/福井村とも)で戦死。
山本新吉  銃士。
 慶応4(1868)年7月2日、越後/大黒村で負傷、翌3日に死去。
三間騎三太  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下長丁で戦死。
松木四郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/草生水村で戦死。
大宮平太  兵太とも。 銃卒。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
佐藤愛蔵  銃卒。
  慶応4(1868)年7月29日、越後/土合村で負傷、11月19日に越後/見附で死去。
阿部八百助  銃卒。  慶応4(1868)年6月22日、越後/福島村で戦死。
海津直之進  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下で戦死。

岩崎直吉  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日(20日とも)、越後/野崎村で戦死。
片山直次郎  銃士。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下中島で戦死。
永戸熊太郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡栄涼寺前で戦死。
田中小太郎  銃士。
 慶応4(1868)年6月7日、越後/大口で戦死。
野口京左衛門  隊外卒。 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡寺島で戦死。 光照寺
阿部信太夫  信太郎とも。 兵卒。  慶応4(1868)年8月1日、越後/見附で戦死。
加藤角七  銃卒。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下で戦死。
長谷川彦作  慶応4(1868)年、戦死。

福田寅之助  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/豊詰村で負傷、見附で死去。
伊東善之助
 慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で戦死。
金津虎三郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月2日、越後/大黒村で戦死。
鈴木銕之進  鉄之助とも。 銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村で負傷、
  8月23日に会津/若松で襲来の報を聞き自刃。
阿部弥亀太  弥龍太とも。 銃卒。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
田島十次郎  銃卒。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
中沢虎市  長沢とも。  銃卒。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
太田兵次右衛門  銃卒。  慶応4(1868)年8月1日、越後/見附で戦死?

福島友次郎  銃士。
 慶応4(1868)年6月1日、越後/赤坂峠で戦死。
能勢彦次  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新保村で戦死。
大瀬銑蔵  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/福井村で戦死 (浦瀬村で自刃とも)。
九里幸三郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/福井村で戦死。
竹津久馬吉  銃卒。  慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で戦死。
酒井金四郎  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/亀崎で戦死。  光照寺
金子邦太  国太とも。 銃卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下で戦死。
松本大治  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下袋町裏で戦死。

鳥居留五郎  銃士。
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
竹垣鑛次郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月4日、越後/荷頃口砲台で戦死。
三間銑之助  銃士。
 慶応4(1868)年6月22日、越後/福島村で戦死。
谷口茂  弾薬方、士分。
 慶応4(1868)年7月1日、越後/土ケ谷で戦死。
川越辰次  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
加藤庄五右衛門  隊付中間。  慶応4(1868)年7月25日、越後/蔵王村で戦死。
小林時助  隊付中間。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村喰違外で戦死。
今井留蔵  中間。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下中島で戦死。

伊東忠蔵  砲士。
 慶応4(1868)年5月26日、越後/文納で戦死。
中島安四郎  銃士。
 慶応4(1868)年6月2日、越後/今町で戦死。 25歳。
中嶋文次郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月2日、越後/大黒村で戦死。 22歳。
鳥山岩之丞  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/片田村で戦死。
中村留五郎  銃卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下で戦死。
森下増蔵  銃卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/草生水村で戦死。
平井甚太郎  甚八郎とも。 隊外中間。 慶応4(1868)年7月29日、越後/筒場村で戦死。
渡辺助三郎  慶応4(1868)年7月29日、越後/草生水村で戦死。

鬼頭熊次郎  銃卒。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村で戦死。
長島金弥  銃士。
 慶応4(1868)年6月22日、越後/福島村で戦死。
横山健三郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月2日、越後/大黒村で戦死。
松井松五郎  銃士。
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
滝沢礼七  銃卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡で戦死。
土浦助七  中間。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城内で戦死。
五井幾七  隊付中間。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村で戦死。 19歳。
大塚瀬兵衛  隊外中間。  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下赤川で戦死。

中川音三郎  銃士。
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
本木京五郎  銃士。
 慶応4(1868)年6月2日、越後/今町で負傷、後に会津で死去。光照寺
本木小太郎
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
丸山斎悦  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/蛇山村 (長岡城下とも) で戦死。
井口政吉  小島久馬右衛門の従者。  慶応4(1868)年7月1日、越後/土ヶ谷で戦死。
長田鶴吉  三間市之進の家来。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下で戦死。

村尾孫平太  隊外士分。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下大工町土手で戦死。
妹尾束  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下で戦死。

渡邊進  銃士隊長。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下で戦死。
   (7月29日に草生水で負傷し8月4日に吉ヶ平で死去とも)
斎田轍  銃士隊長。
 慶応4(1868)年6月2日、越後/長岡北郊今町で戦死。
花輪彦左衛門  用人、銃士隊長。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/十日町村 (片田村とも) で戦死。
鬼頭六左衛門  銃士隊長。
 慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で戦死。
佐藤小平太  小平次とも)  銃卒 小隊司令。
  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下で負傷、  8月16日に会津/川口で死去。
高野曽左衛門  銃士、小隊司令。 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡御蔵小路で戦死。
杉本庄助  銃卒、小隊司令。  慶応4(1868)年7月1日、越後/土ヶ谷で戦死。
小杉津左衛門  銃卒、半隊司令。
  慶応4(1868)年7月27日、越後/長岡三之江土手で戦死。

牧野勘兵衛  銃士、小隊司令。
 慶応4(1868)年7月2日、越後/大黒村で負傷、後に死去。 34歳。
桑原文左衛門  銃士小隊司令。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/摂田屋村で戦死。 30歳。
九里孫次郎  銃士、小隊司令。
 慶応4(1868)年6月22日、越後/半蔵金で負傷、7月15日に加茂で死去。
松井策之進  砲手伍長。
 慶応4(1868)年5月12日、越後/妙見口で戦死。
須藤金太郎  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村で戦死。
新井兵蔵  銃卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡新町村で戦死。
加藤安太夫  銃卒。  慶応4(1868)年6月14日、越後/大黒村で戦死。
神保国之丞  銃卒。  慶応4(1868)年6月14日、越後/大黒村で戦死。

亀倉恭之進  銃士。
 慶応4(1868)年6月22日、越後/福島村で戦死。
村上藤左衛門  砲士伍長。
 慶応4(1868)年5月24日、越後/杉沢で戦死。 忠死尊霊塔
野村竜太郎  銃士。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡呉服丁で戦死。
倉沢弥五兵衛
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
渡辺三平  山本帯刀家来。 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。本光寺
新井嘉次太  銃士。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下で戦死。
田部建五郎  銃卒。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡寺島で戦死。
渡辺建蔵  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下で戦死。

藤田竹松  銃卒。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村で戦死。
匹田幸太郎  銃士。 
 慶応4(1868)年5月24日、越後/杉沢で戦死。 忠死尊霊塔
中島軍四郎  砲士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城内で自刃。
稲垣喜助
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
能勢彦太郎  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
小野与平次  銃卒。 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下新町村で戦死。 光照寺
小池根松  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村で戦死。
小林孝之助  孝之丞とも。銃卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/土合村で戦死。

伊東道右衛門  砲士。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下発田で戦死。 62歳。
栂野半左衛門  隊外士分。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡西神田で戦死。
平野銕之丞  銃士。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡神田口門で戦死。
村松清太夫  銃士。
 慶応4(1868)年6月22日、越後/半蔵金で戦死。
大崎豊左衛門  銃卒。  慶応4(1868)年5月24日、越後/杉沢で戦死。
関川文吉  銃卒。  慶応4(1868)年6月14日、越後/大黒村で戦死。
堀口良次右衛門  銃卒。 慶応4(1868)年6月22日、越後/福島村で戦死。 長興寺
大崎直太  銃卒。  慶応4(1868)年、戦死。

市野又十郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/福井村で負傷、
  8月11日に会津/只見で死去。
加藤五郎左衛門  銃士。
 慶応4(1868)年7月1日、越後/荷頃村で負傷、後に死去。
土屋彦太郎  隊外士分。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡兵学所橋付近で戦死。
弓削貞太郎  隊外士分。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下西神田で戦死。
岡本甚十郎   慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
安田大太郎  代太郎とも。 銃卒。 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。本光寺
風間太五右衛門  銃卒。  慶応4(1868)年6月22日、越後/福島村で戦死。  西厳寺
小出養輔  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡三之江土手で戦死。

柿村勘次右衛門  銃卒。
 慶応4(1868)年6月8日、越後/森立峠で戦死。
宮原岩次郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月2日、越後/大黒村で負傷、同月29日夜に死去。
中島文次右衛門  夫方差配。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡上田町で戦死。
中川文蔵  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡富島村で戦死。
平沢時左衛門  銃卒。  慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で戦死。
永戸九郎左衛門  銃士。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
川上孫兵衛  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/蔵王村で戦死。
清塚仲右衛門  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下新町村で戦死。

雨谷寄右衛門 銃卒。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下で戦死。
山本伊助  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/蛇山村で戦死。
横山市郎右衛門  隊外士分。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下御蔵小路で戦死。
武丈右衛門  銃士。
 慶応4(1868)年6月8日、越後/森立峠で負傷、9日に死去。
尾井宇右衛門  砲士。  慶応4(1868)年5月18日、越後/蔵王村で戦死。
有坂亥吉郎  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下で戦死。
高橋孫太夫  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡高橋小路で負傷、後に死去。
清水倉右衛門  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下三之江土手で戦死。

吉田充太郎  重太郎とも。 銃卒、足軽。
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 15歳。 本光寺
長沢金太郎  崇徳館教授、使番。
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 49歳。 本光寺
長島平八  兵八とも。  銃士。
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
大野治助  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/片田村で戦死。
永相亀太郎  亀次郎とも。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
藤井嘉平治  銃士。  慶応4(1868)年6月19日、越後/福井村で戦死。
長沢金太  銃卒。  慶応4(1868)年5月26日、越後/文納で戦死。
秋元友之助  銃卒。  慶応4(1868)年6月22日、越後/福島村で戦死。

隅田鷹四郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月1日、越後/土ケ谷で戦死。
須藤武左衛門  武器方。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡御武器役所焼失で焼死。
赤柴五郎八  銃士。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城内の御武芸役所で戦死。
丸田覚左衛門  兵糧方。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下北御蔵前で戦死。
松田右内  銃卒。  慶応4(1868)年8月28日、会津/柳津八十里越で戦死。
酒井冨喜次  銃卒。  慶応4(1868)年6月22日、越後/福島村で戦死。
宮政太郎  銃卒。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村で戦死。
永相左一左衛門  伝令附卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/百束村で戦死。

名児耶林之丞  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/福井村で戦死。
稲葉弥太郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/片田村で戦死。
雨宮敬一郎  銃兵。
 慶応4(1868)年、会津/飯寺で戦死。  本光寺
吉田正次郎  銃士。
 慶応4(1868)年5月13日、越後/朝日山で戦死。 34歳。
室橋政七  茂呂橋とも。  慶応4(1868)年、会津/飯寺で戦死。  本光寺
山口辰次郎  慶応4(1868)年、会津/飯寺で戦死。  本光寺
山内谷右衛門  銃卒。 慶応4(1868)年秋、越後で行方不明 (9日に会津/叶津で戦死とも)。
大松林八郎  銃卒。 慶応4(1868)年8月1日、越後/見附で戦死?

中島庄九郎  銃士。
 慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で戦死。
花輪秀八  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/福井村で戦死。
森山重五右衛門  ・銃卒。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下で戦死。
小川多忠太  銃卒。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下で戦死。
渡辺駒次  銃卒。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下で戦死。
牧野金太郎  銃士。 慶応4(1868)年7月29日、越後/福井村で戦死。 17歳。 普済寺
西郷鈴次郎  慶応4(1868)年8月21日、若松/七日町口で戦死。
酒井米弥  隊外卒。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡寺島で負傷、明治2(1869)年2月19日に死去。

加藤幾太郎  砲士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡地蔵丁で戦死。
笠原宅右衛門  笠井とも。 隊外卒。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下で戦死。
平林味知右衛門  銃士。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡北御蔵前で戦死。
佐藤直三郎  銃卒。
  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡宮内で戦死。
高井湧助  銃士。  慶応4(1868)年6月14日、越後/大黒村で戦死。
保高易八  銃卒。  慶応4(1868)年7月28日、越後/蔵王裏で戦死。
伊藤礼蔵  銃兵。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡草生水村で戦死。
西方喜助  伝令付属卒。  慶応4(1868)年7月26日、越後/森立峠で戦死。

草生鐵三郎  銃士。
 慶応4(1868)年6月14日、越後/栃窪村で戦死。
篠崎繁右衛門  銃士。
 9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
武山千三郎  銃士。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡蝋座土手で戦死。
長島虎一  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新保村 (浦瀬村とも) で戦死。
加藤弥曽吉  銃卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下で戦死。
野口竜右衛門  埜口とも。 銃卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/筒場村で戦死。
栂野六郎兵衛  隊外卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/四郎丸村で戦死。
渡部信七  銃卒。
  慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡落城後に行方不明(8月1日、越後/見附で死去とも)。

古沢直三郎  銃士。
 慶応4(1868)年6月2日、越後/今町で戦死。
太田直太郎  道太郎とも。 銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/新保村で戦死。 21歳。
樋宮寅太郎  虎太郎とも。 銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡西神田で戦死。
三間豊蔵  銃士。 18歳。  普済寺
 慶応4(1868)年7月25日、越後/新保村で負傷、
 8月25日に会津/若松で戦死 (新保村で戦死とも、浦瀬村で自刃とも)。
中田良平  中間杖突。
  慶応4(1868)年8月8月28日、捕らえられ会津/大山祇辺周辺の苦水で虐殺。 常楽寺
中村熊三郎  銃卒。  慶応4(1868)年7月29日、越後/草生水村で戦死。
妹尾林之助  営造方附属。 慶応4(1868)年、越後で戦死。
佐々木角内  慶応4(1868)年、越後で戦死。

太田権四郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/新保村(浦瀬村とも)で戦死。 22歳。
中島富弥
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
中島勇蔵  銃士。
 慶応4(1868)年6月1日、越後/赤坂峠で戦死。
稲垣安之丞  砲士。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下殿町で戦死。
小沢染次郎  銃卒。  慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で戦死。
林喜十郎  銃卒。  慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で戦死。
平井又蔵  銃卒。  慶応4(1868)年8月25日若松、若松/七日町口で戦死。
岡村滝左衛門  隊付中間。
  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下新保橋外で戦死。  光照寺

西郷勇  銃士。
 慶応4(1868)年5月11日、越後/妙見で負傷、後に自宅で死去。
 16歳。 普済寺
海老沢兼弥  隊外士分。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下玉蔵院丁で戦死。
内藤作之助  銃士。
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。 本光寺
原政之進  銃士。
 慶応4(1868)年6月22日、越後/福島村で戦死。
佐藤悦七  隊付中間。  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村喰違外で戦死。
後藤峰七  隊外中間。  慶応4(1868)年7月29日、越後/筒場村で戦死。
中村初七  銃士。  慶応4(1868)年7月28日越後蔵王で負傷、9月に死去。
岡村半四郎  中間杖突。
  慶応4(1868)年8月28日、捕縛され会津/大山祗辺の苦水で虐殺。  常楽寺

渋谷作之進  銃士。
 慶応4(1868)年6月8日、越後/桂峠で戦死。
吉田六次郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新村町で戦死。
福島織之丞  銃卒。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/片田村で戦死。
前田雄之助  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/土合村で負傷、
  8月23日に会津/若松で襲来の報を聞き自刃。
佐藤常庵  中間医師。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡追廻で戦死。
大沢五次平  中間。  慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下小頭町で戦死。
宮森右衛門  隊外中間。  慶応4(1868)年7月29日、越後/十日市村で戦死。
吉田久左衛門  慶応4(1868)年、戦死。

本間佐吉  銃士。
 慶応4(1868)年6月14日、越後/栃窪村 (越後/土ケ谷とも) で戦死。
鈴木富三郎  銃士。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/福井村で戦死。
神戸菊五郎  銃士。
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
山本清三郎  銃士。
 慶応4(1868)年6月22日、越後/半蔵金で戦死。
渡辺豹吉  山本帯刀従者。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
新与源次  山本帯刀家来。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺

須藤岩之助  隊外士分。
 慶応4(1868)年7月29日、越後/長岡城下で戦死。
村松一睡  隊外士分。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/新保村で戦死。
高野秀山  隊外士分。
 慶応4(1868)年5月19日、越後/長岡城下今朝白縄手で戦死。
勝沼留吉  望月忠之丞の従者。  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺
山本慶山  慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。  本光寺

≪北越戦線では友軍として共に奮戦したが、特に会津との ご縁の方々≫

桑原良蔵  銃士  慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡城下長丁で負傷、
  8月21日に会津/若松で死去。
須佐喜幸次 銃卒 7月25日、越後め早生水村で負傷、
  8月に会津/津川で死去。
鈴木銕之進
  (鉄之助とも)
 銃士 慶応4(1868)年7月25日、越後/長岡新町村で負傷、
  8月23日に会津/若松で襲来の報を聞き自刃。
河井継之助長岡藩総督 長岡城攻防戦で負傷し、会津/若松へ向かう途中、
  慶応4(1868)年8月16日に会津/塩沢で死去。
   終焉の地   医王寺   建福寺
市野又十郎 銃士 慶応4(1868)年7月29日、越後/福井村で負傷、
  8月11日に会津/只見で死去。
佐藤小平太
  (小平次とも)
 銃卒
 小隊司令
 7月29日、長岡城下で負傷、
  8月16日に会津/川口で死去。
前田雄之助 銃士 慶応4(1868)年7月29日、越後/土合村で負傷、
  8月23日に会津/若松で襲来の報を聞き自刃。
鬼頭六左衛門 銃士隊長 慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で戦死。
二見虎三郎  軍目付
横澤吉四郎 銃士
 小隊司令
中島庄九郎 銃士
柳町茂左衛門 銃士
小沢染次郎 銃卒
竹津久馬吉 銃卒
林喜十郎 銃卒
平井又蔵 銃卒
平沢時左衛門 銃卒
村松左仲 銃卒
伊東善之助 
小林吉郎右衛門 
西郷鈴次郎 
清水春弥 銃卒 慶応4(1868)年8月25日、若松/七日町口で負傷、
  後に死去。  光照寺
三間豊蔵 銃士。
 18歳。
 慶応4(1868)年7月25日、越後/新保村で負傷するも、
  8月25日に会津/若松で戦死。
  (新保村で戦死とも、浦瀬村で自刃とも)  普済寺
松田右内 銃卒 慶応4(1868)年8月28日、会津/柳津八十里越で戦死。
岡村半四郎 中間杖突 慶応4(1868)年8月28日、
   会津/大山祇辺の苦水で戦死。  常楽寺
中田良平 中間杖突
山本帯刀 長岡藩大隊長
 24歳
 慶応4(1868)年9月8日、会津/飯寺で戦死。

    本光寺
渡辺豹吉山本帯刀従者
新 与源次
  (與源太とも)
山本帯刀家来
倉沢弥五兵衛 
雨宮敬一郎 銃兵
稲垣喜助 
増井弥平 
長沢金太郎 使番 49歳
篠崎繁右衛門 銃士
中島富弥 
松井松五郎 銃士
鳥居留五郎 銃士
神戸菊五郎 銃士
能勢彦太郎 
中川音三郎 銃士
寺田善右衛門 
千本木林吉 銃卒隊長
 28歳
渡部三平
  (渡辺とも)
山本帯刀家来
佐藤伊之七
  (伊野七とも)
 銃卒
佐藤正吉 
長島兵八 (平八とも) 銃士
室橋政七
  (茂呂橋とも)
 
長沢虎市 (中沢とも) 銃卒
田島十次郎 銃卒
内藤作之助 銃士
高橋彦左衛門
  (彦右衛門とも)
 銃卒
川越辰次 
大平杢之助 
阿部弥亀太
  (弥龍太とも)
 銃卒
吉田充太郎
  (重太郎とも)
 銃卒 足軽
 15歳
山口辰次郎 
大宮兵太 (平太とも) 銃卒
八木藤太 
岡本甚十郎 
篠田愛作 銃卒
高橋辰蔵 銃卒
勝沼留吉望月忠之丞従者
辰次 中間 
永戸九郎左衛門 銃士
丸山菊五郎 
安田大太郎
  (代太郎とも)
 銃卒
山本慶山 
山内谷右衛門 銃卒 慶応4(1868)年秋、越後で行方不明
  (9日に会津/叶津で戦死とも)。

 戦いが終わっても埋葬が許されず、鳥獣に食い散らかされ腐敗し、やがて朽ち果てていった。
 翌年になって遺骸が埋葬されるも墓標すら立てる事さえ許されず、会津の地での長岡藩士についても、ほとんどの埋葬地が判明できていない。
 判明できているのは、下記の方々などである。
  ◇ 長岡藩士殉節之墓 (本光寺)・・・ 46柱
  ◇ 長岡藩士の墓 (常楽寺) ・・・ 2柱
  ◇ 長岡藩士の墓 (光照寺) ・・・ 9柱
  ◇ 明治戊辰戦死供養塔 (
阿弥陀寺) ・・・ 長岡藩士は、4柱
  ◇ 長岡藩四人墓 (大谷古墳公園)
  ◇ 長岡藩戦死墓 (安勝寺) ・・・ 御柱数は不明
  ◇ 河井継之助の荼毘で残った細骨墓 (医王寺)
  ◇ 河井継之助の仮埋葬墓 (建福寺)

 本堂の脇隣りに、西南戦争での殉難者18名が慰霊墓が建立されている。


 さらに、その隣に長岡藩主/牧野氏歴代の墓碑群が建っている。
 昭和58(1983)年、東京/済海寺から墓碑17基が、牧野氏ゆかりの悠久山に移築された。
 現/悠久山公園の地は、長岡藩中興の名君と称される3代藩主/牧野忠辰が佐渡の杉や松、桜などを植栽したのが始まりとされ、9代藩主/牧野忠精が蒼柴神社を造営した。


 なぜか、魚雷と機雷が置かれている。





 ▲(長岡市悠久町707  蒼紫神社の奥)


[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]  新潟県  小出島  小千谷  大昌寺