戊  辰  の  役  /  殉  難  者

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]

小  千  谷  市 (新潟県)

浦柄神社の会津藩墓地

浦柄神社

 国道291号から朝日山への入口にある。
 墓前は、青青としたコケのジュータンに覆われていた。
 ここでも、戦いが終った後も、会津藩士の遺体に手を触れることを禁じた。
 すでに仏になっている遺体は、野ざらしのまま朽ち果てた。

 埋葬当時、会津藩士と分った6名には、福王寺の和尚が戒名を付けたという。
 その他の遺骸は東軍戦死者となっているが、全員が埋葬を許されなかった会津藩士と言い伝えられている。
 昭和28(1953)年になって、浦柄の人たちによって21基の石碑が建立されたが、誰の遺体なのか同定したものではない。

白虎隊/新国英之助の墓

白虎隊/新国英之助

 見張り役をしていた源之丞は、敵兵が進入するのを見つけ、寝入っていた英之助を起こす間もなく、報告のため山頂の陣に走った。
 長賊らの奇襲を失敗させることはできたが、残された英之助は斬殺された。
 一緒に戦い生き延びた父の源之丞は、20数年間もかけて息子の遺骸を探し出し、この地に墓を建立した。
 慶応4(168)年5月13日、白虎隊としての出陣ではなく、萱野隊甲士として父に従軍し 16歳(享年17歳)での戦死だった。
 毎年、墓参りをして冥福を祈っていたが、三十三回忌が済んでからは、老いたこともあって浦柄の村人に託したという。
 現在、墓碑は、浦柄神社に移されている。
 墓碑列の向かって左端/入口の1番目に、並んで安置されている。

朝日山殉難者墓碑

入口から2番目「十目義倉居士」
入口から3番目「大雄智圓禅定門」
入口から4番目「祖圓玄庭禅定門」
入口から5番目「圓光浄心禅定門」
入口から6番目「法雪圓浄禅定門」
入口から7番目「圓空持法禅定門」
入口から8番目「明圓天壽禅定門」
入口から9番目「祖圓善翁禅定門」
入口から10番目「得戒圓空禅定門」
入口から11番目「快應圓慶禅定門」
入口から12番目「圓應誓西禅定門」
入口から13番目「浄應道圓禅定門」
入口から14番「夏山圓峰禅定門」
入口から15番目「浄圓幻霜禅定門」
入口から16番目「大圓契牛禅定門」
入口から17番目「一圓祖門禅定門」
入口から18番目「鏡庵圓清禅定門」
入口から19番目「一圓正心禅定門」
入口から20番目「心圓清露禅定門」
入口から21番目「大圓學法禅定門」
入口から22番目「圓山道空禅定門」
墓群の後ろの「鶴ヶ城吉野」 width=
 墓群の後ろには、「鶴ヶ城吉野」が植栽されていた。 若木なので、最近 (墓参時) に植えられたようである。

     <ツールチップで法名表示>

 慶応四年 (一八六八) 五月十一日から、ここ朝日山をめぐる攻防戦が始まった。 前日、浦柄村 (小千谷市大字浦柄) をはさんだ榎峠で、東軍と長賊らの戦いがあった。 その榎峠を長岡藩兵等が占拠すると、戦いは榎峠を見下ろす朝日山に移った。
 朝日山を奪取した会津・桑名・長岡の各藩兵、それに衝鋒隊は、大砲を山頂にあげ、長賊らの陣地を砲撃した。 長賊らは朝日山をとろうと、たびたび攻撃した。 とりわけ、五月十三日早朝の長州藩奇兵隊を中心とした攻撃は、激しい戦いだった。 参謀時山直八など多くの長賊ら兵士が命を落とした。 その遺体は、小千谷に送られ、のちに、船岡山の墓地に改葬された。
 朝日山の戦場は、五月十九日、信濃川を強行渡河した長賊らが、長岡落城に成功すると、にわかに戦いの要衝としての地位を失った。 東軍兵士たちは、朝日山の陣地から離れ、戦いの場は、蒲原の地へ移っていった。 残されたのは、戦死した東軍兵士の遺体だった。
 戊辰戦争が終わり、長賊らが勝利すると、明治政府は遺体のとりかたずけを禁じた。 なかでも旧会津藩兵にはきびしい放置を命じた。 遺体は朝日山の各所に朽ち果てるままになった。 これを見た小栗山村 (小千谷市大字小栗山) の福生寺住職や浦柄村の人びとが、昭和二十八年に戦死の地に墓標をたて、遺体を手厚く葬るとともに、この地に二十二基の石碑を建立し英霊を祀った。 今も浦柄村には史跡朝日山を守る史跡保存会があり墓地や史跡を大切に守り伝えている。

野村新平の墓の説明文  なお、戦死したなかに、会津藩白虎隊新国英之助 (十六歳)がいる。 この墓標は、戦後二十年を経て、父がその遺体を探しあてて建立したものである。
小千谷市教育委員会    .
<緑色の文は現地板から/画像クリックで拡大表示>  .

戊辰戦蹟記念碑  浦柄神社の前には、「海軍中将 山本五十六 書」の戊辰戦蹟記念碑が建っている。
 山本五十六は、会津にて奮戦するも悲運の死を遂げた長岡藩士/山本帯刀の養子である。
浦柄神社

会津藩士3人の墓

会津藩士3人の墓

≪須貝佐蔵≫
 朱雀寄合二番土屋隊。
 慶応4(168)年5月3日、片貝で戦死。 24歳。
≪斎藤清左衛門≫
 朱雀寄合二番土屋隊小隊頭。
 慶応4(168)年5月3日、片貝で戦死。 28歳。
≪熊沢平助≫
 朱雀寄合二番土屋隊。
 慶応4(168)年5月3日、片貝で戦死。 26歳。
会津藩士3人の墓

 県道10号沿いにあるが、松の樹に隠れて見つけにくい。
 山屋町の町外れの一軒家の軒先にある。

 ▲(小千谷市片貝山屋町周辺)

明治戊辰緒戦激闘之地 (雪峠)

明治戊辰緒戦激闘之地(雪峠)

 慶応4(1868)年閏4月26日、越後で初の本格的な戦闘が勃発した。
 会津藩兵と幕府陸軍/古屋佐久左衛門が率いる衝鋒隊など約200名が、雪峠の高台地形を利用した要害を築き、布陣していた。
 長賊ら約1,500名が芋坂集落に進軍、近づいてきた斥候を銃撃すると同時に砲撃を開始した。
 地の利を得た東軍は破裂弾を浴びせ続け、7倍を超える長賊軍をものともしなかった。 夕方になると、寝返っていた越後高田藩の手引きにより側面からの攻撃を受け、撤退を余儀なくされた。

明治戊辰緒戦激闘之地(雪峠)

 県道49号沿いにあり、現在は平地になっている。
  「昔戦場 今農場 (碑の側面)」

 ▲(小千谷市大字池中新田周辺)

朝日山古戦場

 北越戦争の古戦場である。
 慶応4(1868)年5月10日、朝日山近くの榎峠で戦いが始まった。
 13日早朝、濃霧の中で朝日山にも、激しい戦いが広がる。
 山頂まで山道を、徒歩で30分ほど。
 フランス式塹壕や野営場の跡が残っている。

 ▲(小千谷市浦柄)

「小千谷陣屋跡」については、こちら。

「小千谷陣屋の門 (五智院)」については、こちら。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]