[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]
[ご縁メニュー]  [東京都]   [東京ご縁]  [正之ご縁]  [天海ご縁]  [殉難者]

ご   縁   の   あ   る   地

保科正之との ご縁については、こちら

天海大僧正とのご縁については、こちら

他の東京との ご縁については、こちら

殉難者については こちら (都下 / 関連)。

東 京”で 会 津 を 味 わ い 触 れ 合 う

1、2回ほどの訪問や電話の聞き取りデータなので利用の際は各店に確認されたし。

 キッチンフライパン

 会津のソースカツ丼が味わえる都内で唯一の店。
 「伝統会津ソースカツ丼の会」加盟店。
 同じく名物の馬刺し銘酒も味わえる。
 北千住駅から5分ほどの「あだち産業センター」向かいにあり、店先にあるソースカツ丼の黄色い旗が目印。
 店主の生家は会津若松市材木町の精肉店であり、いとう食堂は実兄が経営とのこと。 奥さんも会津出身。
 ▲(足立区千住1-23-18 Tel. 03-3881-4304)
   ・12時〜13時30分、18時30分頃〜22時30分
     土曜と祝日は、18時30分頃〜22時30分のみ
   ・定休 日曜日
 ヒレソースカツ丼  ロースソースカツ丼  チキンソースカツ丼  [晩酌]

蕎麦屋 山都

蕎麦屋 山都

 会津産にこだわったそばが大好評の店。
 竹などを配した外観で料亭風だが、店内は現代風。
 カウンターはなく、テーブル席のみ。
 全席相席制のようだから1人客でもOK。
 威勢の良い男性店員の接客も素晴らしい。
 会津の銘酒は4種類あったが、郷土料理はなかった。
 なぜか、メニューにソースカツ丼が載っていた。
 店主が会津若松出身とのこと。
 ▲(渋谷区上原3-1-17 Tel. 03-3466-3200)
   ・18時〜24時 (土日祝は、12時〜14時30分、17時30分〜22時30分)
   ・定休 火曜日
 高遠そば

蕎楽亭

蕎楽亭

 柳津町などの会津産玄そばを店内の石臼で製粉した「十割そば」と、殻を外した丸抜き「並そば」が名物。
 夜は会津の銘酒6種類と珍しい酒もあり、にしんの山椒漬馬刺しこづゆ・こんにゃく田楽などの郷土料理が楽しめる。
 最近、人気急上昇の会津地鶏も味わえる。
 店主が会津出身。
 ▲(新宿区神楽坂3-6 神楽坂館1F Tel. 03-3269-3233)
   ・11時30分〜15時、17時〜21時 (月曜は、17時〜21時)
   ・定休 日曜・祝日
 ざる並そばと“こづゆ”のセット  [晩酌]

昼食で「やかた」の経営者拘りの会津ソバを味わい、
会津への玄関口の1つである浅草 (瓜生岩子の銅像など) を散策し、
「すみお」の馬刺しをツマミに会津の銘酒を楽しむ。

原始焼 会津馬刺 すみお 浅草国際通り店

原始焼 会津馬刺 すみお 浅草国際通り店

 会津直送の馬刺し(赤身) が楽しめる。
 会津独特の辛味噌が添えられている。
 会津の銘酒は、数種類。
 店主が福島県出身とのこと。
 明朗会計。
 1人で立ち寄っても、くつろげる。
 ▲(台東区浅草1-11-2 御所コーポ1F Tel. 050-5797-8383、03-6802-8349)
   ・16時〜23時30分 (土日祝は、15時〜)
   ・定休 月曜日 (祝日の時は火曜日)
 [晩酌]


やかた (ホテルニュー魚眠荘)

やかた(ホテルニュー魚眠荘)

 会津出身の経営者が「郷土の味を伝えたい」と想い入れている会津ソバは、絶品。
 毎月下旬に「そば会」が開催されている。
 屋号「やかた」は、「屋形舟」からとのこと。
 浅草駅近くの隅田川側にある。
 夜の部は、宿泊客の関係なのか常々開店時刻が変わるので確認してからご利用を。
 ▲(台東区雷門2-20-4 Tel. 03−3844−5117)
   ・11時30分〜14時、17時?〜 (土日祝は、11時30分〜20時)
 辛味大根そば

走り長屋

 会津産のそば粉を使った「十割そば」が評判。
 会津産の馬刺しや、季節により会津人参 (朝鮮人参)の天ぷらなどの郷土料理もある。
 会津地鶏のタマゴに拘った厚焼き玉子も人気。
 会津の銘酒も6種類ほどある。
 店主が会津出身とのこと。
 ▲(品川区南大井6-24-4 ホテル大森西洋館B1 Tel. 03-3762-1414)
   ・11時30分〜13時30分、17時〜23時 (土曜日は、17時〜22時)
 十割せいろ  会津ニシンそば  [晩酌]

七日町亭 小岩PoPo店

七日町亭

 駅ナカの店と侮ることなかれ、そばが実に美味しい店。
 そば屋というより居酒屋チェーン風のような店内で、やや暗めの古民家の雰囲気。
 目の前を会津の銘酒で目隠ししたカウンター風のテーブルがあるので、1人で入っても気遣うことなく楽しめる。
 都内並びに首都圏で飲食店を展開している丸峰観光ホテル (芦ノ牧温泉) 経営の飲食店の1つ。
 ▲(江戸川区南小岩7-24-15 小岩ポポ B1F Tel, 03-5876-7788)
   ・11時〜22時30分
 会津ソースカツ丼と蕎麦セット  [晩酌]

蕎麦みわ

蕎麦みわ

 西武新宿線/井荻駅北口から180メートルほどの環八通り沿いの住宅街 (団地の一階) の一画にあるが、個性的な陶器などが店内を飾っている。
 全国の蕎麦を使っているそうだが、「田舎せいろ」だけは南会津町で委託栽培している蕎麦を使っているとのこと。
 「会津地鶏の焼き鳥」があるだけで会津の郷土料理はなく、会津の銘酒もおいていない。
 ▲(杉並区井草3-15-3 Tel. 03-3394-3837)
   ・11時30分〜14時30分、17時30分〜21時
     (日曜日は、11時30分〜14時30分、17時30分〜20時30分)
   ・定休 月曜・火曜日
 田舎せいろ + 会津地鶏の焼き鳥

ら志久

 JR荻窪駅北口から300メートルほど、青梅街道を渡って小路にある。 外観は喫茶店風だが、店内は小ぢんまりした和風。
 大和川酒造店が会津の酒と蕎麦を楽しめる店として開店したが、閉店と聞き及び客であった2人の女性が引き継ぐことになり、その後に1人の女性のご主人が58歳で早期退職し、3代目となったとのこと。
 蕎麦は、酒造元と同じ喜多方市 (熱塩加納町) 産とのこと。
 当然、酒造元の酒も「良志久」「弥右衛門」の2種類が楽しめる。
 ▲(杉並区天沼3-30-45 Tel. 070-5247-0032)
   ・11時30分〜14時、17時30分〜22時
     (土・日は、12時〜20時)
   ・定休 第1・3月曜日、毎週火曜日
 辛味大根そば + イッパイ

地鶏処 一會 (いちえ)

地鶏処 一會

 平成25(2013)年にオープン、三島町産の会津地鶏をメインに提供し、会津の銘酒も充実。
 会津出身ではないが若い店長がガンバっていて心地よい。
 会津桐の皿、奥会津産/杉の間伐材を利用した箸など、店内は会津産で埋め尽くされている。 カウンターの木材も三島町産の「トチノキ」とのこと。
 ▲(品川区西五反田2-11-11 Tel. 03-6417-4137)
   ・17時〜24時
   ・定休 月曜日
 [晩酌]


ラーメンみしま

ラーメンみしま

 平成(2009)年にオープン、カウンター10席の店。
 会津地鶏 (三島町産) のガラと、東北より直送される野菜を長時間 煮込んだ無化調スープを提供。
 上品で奥深い味わいがあり、身体に優しいスープと評判。
 店名の「みしま」は、三島町の名からとのこと。
 “会津地鶏の卵かけごはん”も人気。
 東急池上線/千鳥町駅から徒歩1〜2分。
 ▲(大田区千鳥1-18-4 Tel. 03-3753-7335)
   ・11時30分〜15時頃、17時30分〜24時頃
     ただし、スープがなくなり次第終了
   ・定休 月曜日
 正油ラーメン+会津地鶏の卵かけごはん

会津郷土食 鶴我 東京赤坂店

会津郷土食 鶴我 東京赤坂店

 さくら鍋 鶴我の支店。
 全室個室で、2名以上の完全予約制。
 徹底して会津産に拘って毎日取り寄せており、スタッフも全員が会津人とのこと。
 接待用向き。
 ▲(港区赤坂7-5-33 Tel. 03-6441-2533)
   ・17時〜26時

とり鉄

 会津地鶏を使った串焼き、炙り、鉄板焼き等が絶品。
 会津産の馬刺し (赤身) も大好評。
 会津地鶏や会津産そば粉の「せいろ蕎麦」は夜のみ提供されているが、〆のメニューなので量は少ない。
 残念ながら、会津の銘酒はおいていない。
 明朗会計。
 23区内だけでも大森北口店、秋葉原昭和通り点、錦糸町店、赤坂店、飯田橋神楽坂通り店、池袋西口店、一之江店、大手町店、御徒町店、葛西店、蒲田西口店、経堂店、京橋店、麹町店、五反田駅前店、三軒茶屋店、品川店、下北沢店、自由ヶ丘店、末広町店、巣鴨店、高島平店、ときわ台店、中板橋店、中野店、成増店浜松町店、西葛西店、西新宿店、日本橋本店、浜松町店、祐天寺店、用賀店など多数の店舗がある。
 会津せいろ+会津地鶏串  会津地鶏の親子丼  親子丼 (ランチ)

会津

会津

 のんべい横丁にある居酒屋。今日より明日が豊かであった古き良き時代/高度成長の初期の居酒屋が渋谷に残っていた。
 7席ほどのカウンターはお馴染みさんで常に満席、意外と外国人客 (白人系) が多い。
 初代は会津若松出身だが、今の2代目ママさんは米沢出身とのこと。 ママが変わってからは 酒は榮川のみ、郷土料理もにしんの山椒漬だけのようだ。
 ▲(渋谷区渋谷1-25-9 Tel. 03-3409-2300)
   ・19時20分頃〜
 [晩酌]

福島県観光物産交流協会が運営のアンテナショップ

 福島県のアンテナショップであるが、会津関連が多い。

福島県八重洲観光交流館

福島県八重洲観光交流館

 八重洲ブックセンターの近くにある。
 観光パンフレットも充実。
 ▲(中央区八重洲2-6-21三徳八重洲ビル1F
   Tel. 03-3275-0855)
   ・10時〜21時
   ・定休 年末年始

日本橋ふくしま館 MIDETTE (ミデッテ)

 福島県の首都圏情報発信拠点。
 平成26(2014)年4月12日、葛西にあったアンテナショップ「ふくしま市場」が移転し、新たにオープン。
 ▲(中央区日本橋室町4-3-16 柳屋太洋ビル1F
   Tel. 03-6262-3977)
   ・11時〜20時 (土日祝は11時〜18時)
   ・定休 年末年始

.

「  会  津  」  を  冠  す  る  店  や  企  業


 23区  [江戸川] 会津商店、会津、会津技研
 [大田区] 会津喜多方ラーメン小法師西蒲田 大森東口
      会津喜多方ラーメン坂内麺食、会津屋、會津
 [葛飾区] 会津ゴム工業
 [北 区] 会津竹田モータース
 [江東区] 会津喜多方ラーメン小法師亀戸 /住吉
      会津喜多方ラーメン坂内、会津印刷所
 [品川区] 会津喜多方ラーメン小法師五反田駅前 /西五反田、会津屋
 [渋谷区] 会津喜多方ラーメン坂内初台 /笹塚 .、割烹/会津、会津、
      会津喜多方ラーメン小法師
 [新宿区] 会津喜多方ラーメン坂内 、会津喜多方ラーメン小法師
      会津赤べこ、会津屋酒店、会津庄屋
 [墨田区] 会津喜多方ラーメン小法師
 [世田谷] 会津喜多方ラーメン坂内、会津屋
 [台東区] 会津屋本店
 [千代田] 会津喜多方ラーメン坂内内幸町 /有楽町、会津屋
 [中央区] 会津喜多方ラーメン小法師 、会津喜多方ラーメン
 [豊島区] 会津喜多方ラーメン小法師、会津屋、和食/会津、
      会津天宝醸造
 [練馬区] 会津喜多方ラーメン小法師 、会津喜多方ラーメン坂内
      会津電設、会津ゴム工業
 [文京区] 会津屋、 会津会
 [港 区] 会津喜多方ラーメン、 たこやき/会津屋
 [目黒区] 会津屋寝装店                [番外]

 調布市  会津喜多方ラーメン坂内)
 八王子市  ニユー会津、會津建設
 武蔵野市  会津造園
 昭島市  会津ホ工業、赤帽会津配送
 狛江市  会津屋建興
 東久留米市  会津屋畳店
『「会津」を冠する店や企業』は、駄洒落。
[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]
[ご縁メニュー]  [東京都]   [東京ご縁]  [正之ご縁]  [天海ご縁]  [殉難者]