戊  辰  の  役  /  殉  難  者

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]

中 通 り 地 方 (福島県)

以下の緑色の文は、現地の「説明板」から  .
画像クリックで現地の説明板の写真表示も一部あり  .

二    本    松    市

二本松少年隊の墓 (大隣寺)

二本松少年隊
二本松少年隊の墓(右側) 二本松少年隊の墓(左側)
二本松少年隊の説明文

 戊辰の役で奮戦した12歳から17歳の総勢62名の少年達。
 当時には、隊名は付けられていなかった。
 戊辰戦没者五十回忌記念に刊行の「二本松戊辰少年隊記」からである。
 勇猛果敢な戦いをし、多くが戦死した。
 白虎隊と同様、故郷を守るために義に殉じ、若い命を散らした悲しい出来事の1つである。
 霞ヶ城跡にも、群像彫刻と顕彰碑が建立されている。

副隊長/二階堂衛守と隊士/岡山篤次郎戦死の地碑  特に、木村銃太郎率いる総勢27名は大壇口での戦いで奮戦、隊長/木村が戦死したため、副隊長の二階堂衛守と隊士/岡山篤次郎が隊長の首を持ち帰る。
 大隣寺の門前まで来たところで、狙撃されて戦死した。
 副隊長の二階堂は33歳、岡山は13歳だった。
 隊長と副隊長を含め、10名が戦死、5名負傷している。
 大隣寺は、二本松藩主/丹羽家の菩提寺である。

会津藩仙台藩戊辰役供養塔

会津藩兵と仙台藩兵の戊辰戦役供養塔

 二本松で戦死した会津藩兵と、仙台藩兵の慰霊碑もある。
 会津藩は、桜井弥一右衛門率いる朱雀足軽二番隊が日光口から本宮へ入り、井深兵之進率いる猪苗代隊は本堂口から入り奮戦。
 戦死者30名を超え、負傷者は数知れず。
 仙台藩も、戦死44名、負傷34名を出す。

 ▲大隣寺(二本松市成田町1-532 Tel. 0243-22-1063)

 青山霊園の「二本松藩士戦死者慰霊塔」「武将戦死者慰霊塔」は、こちら。

大       玉       村

戊辰戦争三十一人戦士の墓 (山入古戦場)

戊辰戦争三十一人戦士の墓 (山入古戦場)

 慶応4(1868)年8月20日、幕軍伝習隊を主力とした東軍は、二本松を奪還すべく母成峠より進出し、山入村にて長賊らと戦闘になった。
戊辰戦争三十一人戦士の墓 (山入古戦場)  翌日にわたる戦いで、会津藩士3名、二本松藩士1名、伝習隊士39名が戦死した。 内31名は包囲され戦利あらずと自刃したという。

 平成3(1991)年10月、玉井史談会によって、戦死者43人の名を刻んだ碑が建立された。

後 世 に 語 り 継 ぐ
 戊辰の役山入村 (玉井村) の戦い
 慶応四年 (一八六八) 一月三日、京都 鳥羽伏見において 徳川幕府軍十五代将軍徳川慶喜と薩摩長州、土佐等の (西軍) との間に戦端を開いた戊辰戦争は 西軍の勝利となり 四月十一日江戸城は開城となり 徳川幕府崩壊し明治新政府が誕生した。 しかし西軍はあくまでも会津討伐を目的とし進軍し 奥羽攻防となり白河城、棚倉城、三春城が落城 そして七月二十九日には二本松城が落城した。
 山入村 (玉井村) の戦いは 八月二十日会津侵攻に向けて本営宿より玉井村に進軍した西軍と 会津母成峠より出撃し山入村に進軍した会津軍との間に 山入村の西の内、黒沢、五ノ神、宇津野地区を中心に起こった戦いで 本宮、二本松に終結した西軍三千名は一部二百名を陽動部隊として中山峠攻撃に向け 残る二千七百名の主力は 玉井村に滞陣した会津軍が山入村に進軍しているとの情報を得た西軍は 五百名が進撃を開始した  一方会津軍の陣営は 手志子森に旧幕府伝習第二代替二百名が陣を構え 左翼の西の内には二本松兵 右翼の五ノ神、宇津野方面には会津仙台兵二百を配置した布陣であった。
 左翼の二本松兵に攻撃を加えた西軍は 本道をさけて竹の内地区の南を流れる安達太良川を越えて進み 途中で流れが二手に別れ北の寺沢川を進んだ一隊は左翼の兵に 西に進んだ一隊は右翼の兵に攻撃を加え 又林道を進んだ西軍は六角本揃、小菅と侵攻し 油渕の北側シダ林周辺より伝習隊に銃撃を加えた。
 伝習隊の陣地には大砲一門据え西軍を迎え撃ち 又先鋒隊は各所で西軍と銃撃戦や白兵戦を展開した  八月二十日午後3時頃に両軍兵が激突した戦闘は薄暮れ過まで続き 会津軍の両翼の兵に戦力が乏しく敗退、伝習大隊のみが奮戦するも西軍に三方より包囲され 多大の損害を受て母成峠に向けて敗走した 二本松少年隊の説明文  後に残る会津軍有士三十一人 戦利あらずと枕をならべ腹かっきり討死した  その後九月二十二日会津城が開城した  山入村の戦死者は 会津軍四十三名 西軍四名 二本松少年隊本村死二名であった。
 以上語り継ぐ
玉ノ井史談会    .

会津藩(3名)
 猪苗代勇壮隊井深組
  梶田銀蔵  8月20日に戦死 埋葬地
  原政治  8月20日に戦死 埋葬地
  吉田長治  8月20日に戦死 埋葬地
   
二本松藩(1名)
 大谷鳴海隊
  松本織之助  8月20日に戦死 大組広間番 埋葬地
   
旧幕府軍(39名)
 伝習第二大隊
  浅井清之丞  8月7日に戦死 差図役並
  秋山仁助  8月9日に戦死 嚮導役
  磯村悦次郎  8月9日に戦死 嚮導役
  梅里保三郎  8月9日に戦死 喇叭役
  玉木久次郎  8月9日に戦死 嚮導役
  西宮浅吉  8月9日に戦死 雇夫取締
  山本稲之助  8月9日に戦死 差図役
  山本房二郎  8月9日に戦死 嚮導役
  丸尾三郎  8月20日に戦死 調方
  浅右衛門  8月9日に戦死 雇兵
  亀三郎  8月9日に戦死 雇兵
  勘右衛門  8月9日に戦死 
  勘吉  8月9日に戦死 雇兵
  喜兵衛  8月9日に戦死 雇兵
  金蔵  8月9日に戦死 雇夫
  金八  8月9日に戦死 雇夫
  慶三郎  8月9日に戦死 雇夫
  仁三郎  8月9日に戦死 雇夫
  発市  8月9日に戦死 雇兵
  政吉  8月9日に戦死 雇夫
  松五郎  8月9日に戦死 雇夫
  元二郎  8月9日に戦死 雇夫
  要助(要蔵とも)  8月9日に戦死 雇夫
  米蔵  8月9日に戦死 雇夫
  良平  8月9日に戦死 雇夫
  熊二郎  8月20日に戦死 歩兵小頭
  竹二郎  8月20日に戦死 歩兵小頭
  源助  8月9日に戦死 雇兵
  源太  8月9日に戦死 雇兵
  小三郎  8月9日に戦死 雇兵
  小兵衛  8月9日に戦死 雇兵
  庄七  8月9日に戦死 雇夫
  甚之介  8月9日に戦死 雇夫
  清吉  8月9日に戦死 雇夫
  清七  8月9日に戦死 雇兵
  清助  8月9日に戦死 雇兵
  竹三郎  8月9日に戦死 雇兵
  藤吉  8月9日に戦死 雇夫
  吉蔵  8月9日に戦死 歩兵小頭
戦死者氏名の碑      ・松本織之助は、石莚村で戦死、
      それ以外は、山入村で戦死
     ・石莚村は会津領、山入村は二本松領
     ・年代は、慶応4(1868)年
二本松少年隊
 左手前に、新しい墓標が建てられていた。
 墓は、玉泉寺にある。

  二本松少年隊  両名とも7月29日の二本松大壇の戦いで負傷し、
   久保鉄次郎 (十五才) 12月6日に玉井の野戦病院で死去
   久保豊三郎 (十二才) 11月1日に玉井の野戦病院で死去

 ▲(大玉村玉井字亀山)

西       郷       村

戦死墓 (大龍寺)

戦死墓 (大龍寺)

 山門手前の山際にある。
 慶応4(1868)年7月1日、羽太村の戦いで会津藩士15名と飯野藩士5名が戦死した。
戦死墓 (大龍寺)  飯野藩士28名は、長賊らに与するのは“義”に反すると脱藩し、会津軍に加わった。
 飯野藩は会津松平家の末家であることから、内密の派遣であった。

 (会津藩士)
   北原軍太夫  朱雀士中三番隊/上田隊小隊頭 享年33歳
   合祀された残り14人の名前は不明。
 (飯野藩士)
   森要蔵  千葉周作道場の四天王と称された剣客 享年59歳
   森寅雄  要蔵の次男 享年16歳
   小林虎之助
   多湖宗三郎
   花沢金八郎
 森要蔵は講談社創立者/野間清治の祖父 (母/ふゆの父)で、供養塔が浄信寺

斎藤久太郎の墓 住職の墓所

斎藤久太郎

 鉄之助の伜。
 新錬隊/土屋隊。免許。
 慶応4(1868)年6月12日、白河古天神山で戦死。
 20歳。
 墓には、会津と刻まれている。
 歴代住職の墓所の中の向かって右端にある。
 ▲(西郷村大字羽太字狸屋敷164 Tel. 0248-25-3507)

戦死供養塔

戦死供養塔

 道路沿いの斜面にある。
 会津藩8名の供養塔。
 詳細不詳の東軍戦死者との説も。
 左側に、「慶応四戊辰六月十二日」とある。
 5月朔日には、この地に会津藩士400名が駐屯していた。

 ▲(西郷村大字熊倉字道場久保)

戦死供養塚

戦死供養塚

 道路角の一画にある。
 東軍戦死者43名の供養塚。
 熊倉の戦死供養塔に比較的近い。

 ▲(西郷村大字米字杉山前)

福       島       市

小峠古戦場

 慶応4(1868)年4月20日、会津藩と仙台・筑前藩との戦闘地。
小峠古戦場  長賊らから会津出兵を強要された仙台藩は、事前に会津藩士/一柳四郎左衛門と仙台藩士/瀬上主膳の間で空砲を撃ち合う不戦協定を結んでいた。
 ところが長賊らに与した筑前藩兵が来てしまい、やむなく実弾を撃ち合うが、戦う意思のない戦闘であった。
 この後、長賊らの悪逆非道を知った仙台藩は、長賊らと戦う決意をし、奥羽越列藩同盟結成へと舵を切ることとなる。
 ▲(福島市土湯温泉町)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]     [メニュー]