会  津  の  歴  史  年  表

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [飛鳥以前]  [奈良〜平安]    [鎌倉/後半]  [戦国〜江戸]  [江戸/前半]  [江戸/後半]  [幕末]  [明治]  [大正]  [昭和]  [平成]  [令和]

鎌 倉 時 代 / 前 半 (蘆名氏)

 奥州・藤原氏を滅ぼした源頼朝は、戦役で功績のあった関東御家人に奥州を分け与えた。
 蘆名氏は会津を統一支配し、新潟県東部から福島県中通りを影響下に入れる。
 奥州では、最大級の戦国大名となる。


保延4(1138)年
      初代領主となる佐原十郎義連公が、三浦半島で生れる。
治承4(1180)年
      佐原義連公が、源頼朝の挙兵に駆け付けて御家人となる。
 一ノ谷の戦いでは、先陣を切って崖を駆け下り、義経軍を勝利へ導く (一ノ谷の逆落とし)。

文治5(1189)年
7月 19日   佐原義連公や囚人/城四郎長茂が、源頼朝の奥州征伐に参加。
 この年 佐原義連公が、源頼朝より会津盆地一帯 (4郡) を受領。
山内通基が大沼郡と伊北郷、長沼宗政が南山、河原田盛光が伊南郷を統治。
      赤沼稲荷神社が、佐原義連公により創建され、従って来た赤沼内膳が奉祀。
      長沼五郎左衛門尉正宗が、 愛宕山に鴫山城 (南会津町) を築く。
      河原田近江守盛光が、後の柳川城 (南会津町) を築く。
      山内下森守李基が、鷹巣山に中丸城 (金山町) を築く。
文治5(1190)年
      平泉藤原氏滅亡で逃れてきた藤田式部忠重が、藤田村柵を築き移り住む。
建久元(1190)年
      再興された高寺 (会津坂下町) が、再び滅亡し、“伝説”となった。
石塔山恵隆寺を塔寺村に移し、金塔山恵隆寺と称す。
      佐原義連公が入国し、岩尾の佐原館に入る。
小田館 (花見ヶ丘3、今は宝積寺の境内) を造築。
建久2(1191)年
      亀ヶ城跡 (猪苗代町) が、佐原盛連公の長男/経連により築城される。
建久3(1192)年
      観音寺 (猪苗代町) が、亀ヶ城の城主/三浦家の菩提寺として草創。
      佐原三郎盛義が藤倉館を築き、藤倉氏の祖となる。
建久4(1193)年
      高寺三十六坊の1つ/常林坊を栗村に移し、定林寺 (会津坂下町) として開創。
建久64(1195)年
      高寺三十六坊の1つ/薬師坊を杉村に移し、薬王寺 (会津坂下町) として開創。
建久9(1199)年
      佐原氏家臣の平井又五郎頼秀が、開津館 (会津坂下町) を築く。
正治2(1200)年
      正治2(1200)年、僧/宥林が満蔵寺 (喜多方市) を開山。
建仁元(1201)年
2月 3日   越後の住人/城四郎長茂が反乱。 22日に捕らわれ、25日に斬首。 3月13日に残党が越後や佐渡で反乱を起こすも、佐々木三郎盛綱らに鎮圧される。
建仁2(1202)年
      高寺調合坊を上宇内に移し、瑠璃光山調合寺と称す。
建仁3(1203)年
      初代領主/佐原義連公没 (78歳)

建暦2(1212)年
      蘆名盛連公の六男/時連が、新宮城 (喜多方市新宮) を築く。
承久4(1221)年
      佐原義連公の孫/蘆名光盛公が、小田山城を築き、小田館に移り住む。
嘉禄元(1225)年
      安照寺 (南会津町) が、下野小山/法真により伊南古町寺沢に庵を結ぶ。
嘉禄3(1227)年
      願成寺 (喜多方市) が、僧/隆寛により開基。
寛喜元(1229)年
      大飢饉。
貞永元(1232)年
      月光寺 (柳津町) が、野老沢村に創建。
天福元(1233)年
      長福寺 (喜多方市) が、飯島筑後信之により創建、僧/看信により開山。
嘉禎元(1235)年
      蘆名泰盛公が、門田荘で誕生。
宝治元(1247)年
6月 21日   宝治合戦で本家の佐原一族は滅亡するが、幕府方だった蘆名光盛公が佐原家の家名を残す。
建長元(1249)年
8月 10日   蘆名盛時、佐原氏の本宗となる。
 この年 常楽寺 (会津美里町) が、美濃国の旅僧/常延により領家村で開山。
建長5(1253)年
6月 2日   大地震。
建長6(1254)年
      天徳寺 (猪苗代町) が、栄西の命を受けた栄海僧正により草創。
康元元(1256)年
11月 23日   執権の北条時頼が出家したため、蘆名光盛公も出家する。

正嘉2(1258)年
      禅定寺 (湯川村) が、僧/月堂により草創。
正嘉2(1258)年
 この年 飢饉。
弘長3(1263)年
11月 16日   羽黒山神社に、聖観音が奉納される。
文永元(1264)年
      蘆名盛宗公が、門田荘で誕生。
      光徳寺 (喜多方市) が、釈/空行により創建。
文永2(1265)年
      観音寺 (会津美里町) が、草創。
文永8(1271)年
8月 11日   安穏寺 (猪苗代町) の阿弥陀如来立像が鋳造される。
文永10(1273)年
3月 9日   大地震が発生。
文永11(1274)年
8月 8日   中田観音 (会津美里町) の十一面観音菩薩が鋳造される。
建治2(1276)年
2月     法幢寺 (会津美里町) の阿弥陀像が造られる。
3月 9日   法幢寺 (会津美里町) が、村主/藤田常胤により開基。
建治3(1277)年
3月 9日   照国寺 (南会津町) が、一向上人により草創。
4月 8日   東明寺が、平泉に向かう途中の時宗の開祖/一遍上人により開山。
弘安2(1279)年
      香取神社 (南会津町) が、上野一の宮(富岡市)/貫前大明神の分霊を奉祀。
      中田観音 (会津美里町)が、僧/厳知により中田庵として草創。
弘安6(1283)年
      泉福寺 (喜多方市) が、光徳寺の僧/空行により草創。
弘安8(1285)年
      第6代領主となる蘆名盛員公が生れる。
弘安10(1287)年
      興徳寺が、蘆名泰盛公の招請で鏡堂覚円和尚 (大円禅師) により開山。
正応6(1293)年
10月     金剛寺の金銅双竜双鳥文馨が造られる。
永仁2(1294)年
      蘆名盛宗公が、諏方社を建立。
永仁6(1298)年
      佐原義連公の宝きょう印塔が建立。
      諏訪神社 (西会津町) が、野沢村地蔵原に勧請。
嘉元元(1303)年
8月     実成寺が、藤原実成により黒川に創建。
嘉元2(1304)年
8月     実成寺が、日蓮上人の孫弟子/日尊により開山。
徳治元(1306)年
9月 26日   興徳寺を開山した大円禅師が没。
延慶3(1310)年
      中善寺 (喜多方市) の薬師が草創。
応長元(1311)年
      成法寺の純唐様式の観音堂 (只見町) が建立。
正和3(1314)年
      日什大正師が、父/石堂覚知・母/清玉姫の子として現/妙国寺の地で誕生。
      蘆名清玉姫の子/石塚氏が、妙法寺を創建との説も。
正和4(1315)年
      高山寺 (喜多方市) が草創。
文保本(1317)年
      密蔵院が、建立。
文保2(1318)年
      弘長寺が、他阿上人と真教和尚により開山。
元亨3(1323)年
      第7代領主となる蘆名直盛公が生れる。
元徳元(1329)年
      宝寿院が、草創。
      熊野神社<下荒井>が、監物祐義により奉遷。
 (この地の八幡宮と前領地の熊野神社を合祀)
2月 19日   殺生石伝説の源翁禅師が、越後国/萩村で生れる。
元徳2(1330)年
      実相寺が、福菴宗己禅師により開山。 大光禅師が開山との説も。
元徳3(1331)年
      綾金観音堂 (喜多方市) が、蘆名盛宗公により建立。
正慶2/元弘3(1333)年
      岩松経家が会津の地頭職となる。
      鎌倉幕府が滅亡。
建武2(1335)年
8月 17日   第6代領主/蘆名盛員公と長男/高盛が、足利尊氏との相模国片瀬川の戦いで戦死。 次男/蘆名直盛公が家督を継ぎ、会津に土着する。

建武3/延元元(1336)年
      常福院 (会津美里町) に改称し、現在地に移築。
      出ヶ原観音堂 (西会津町) が、蘆名盛員公の継室/笹谷御前により創建。
暦応2/延元4(1339)年
3月 28日   大雨による大洪水で大小の橋が流される。
暦応3/興国元(1340)年
      清龍寺 (会津美里町) が、僧/円済により草創。
康永2/興国4(1343)年
      泉光寺 (南会津町) が、僧/適により草創。
貞和5/正平4(1349)年
    塔寺八幡宮長帳の記載が始まる。
    小松 (本郷町関山) で乱が起こる。
観応元/正平5(1350)年
    慧日寺 (磐梯町) の薬師が再興される。
文和3/正平9(1354)年
    小田山城に一廓を築き小田垣と称し、廓の外に黒川城を設ける。
延文2/正平元(1357)年
      源翁禅師 が、伯耆国/退休寺を開創。
延文3/正平13(1358)年
8月 14日   太守直盛と富田祐義が、左下り観音堂を再興し、実相寺の末寺とする。
9月 26日   実相寺を開山した福菴宗己禅師が没。
延文5/正平15(1360)年
      源翁禅師が、下野国/泉渓寺を開創。
慶安元/正平16(1361)年
      融通寺が、僧/浄縁により八葉寺村(広田冬木沢)にて草創。
正平17/貞治元(1362)年
      松尾神社 (西会津町) が、地頭/宇多川信濃守道忠により勧請。
      真福寺 (西会津町) が、地頭/宇多川信濃守道忠と僧/慈心により再開山。
正平18/貞治2(1363)年
8月 25日   「大白星二つ出る」
9月 15日   「夜大白二星合す」
正平22/貞治6(1367)年
      後に慶徳寺 (喜多方市) となる庵を、源翁禅師が結ぶ。
応安2/正平24(1369)年
      神明神社が、神道流槍刀術の祖/飯篠山城守家直により勧請。
      源翁禅師が、下総国/安穏寺を曹洞宗に改宗し再開山。
応安4/建徳2(1371)年
4月 4日   慧日寺に塔が建立。
応安5/文中元(1372)年
      日什大正師蘆名直盛公の招聘で帰郷し、羽黒山東光寺の住職となる。
天授元/永和元(1375)年
      北宮諏方神社 (喜多方市) が、蘆名直盛公により勧請。
5月 23日   大地震が発生。 4月14日とも。
7月 14日   源翁禅師が、慈眼寺を曹洞宗に改宗し示現寺と改称。
天授2/永和2(1376)年
      後に桂松院となる一桂院が、宥範により開山。
      源翁禅師が、白河/常在院を開基。
天授4/永和4(1378)年
      後に清松寺が、宥範により開山。
康暦元/天授5(1379)年
      宝積寺が、蘆名直盛公により笹谷御前を開基として創建。
康歴2/天授6(1380)年
      源翁禅師が、熱塩温泉を開湯。
      浄泉禅寺 (会津坂下町) が、蘆名氏の家来/生江大膳により再建。
永徳2/弘和2(1382)年
      蘆名直盛公が、東黒川館 (鶴ヶ城) の築城を開始する。
      蘆名直盛公が、小館を築き移り住み、小館山稲荷神社を創建。
      日什大正師が、飯田/本興寺を中興開山し、品川/本光寺を開山。
      源翁禅師が、佐渡/東光寺を開山。
至徳元/元中元(1384)年
      蘆名直盛公が、完成した東黒川館 (鶴城、小田山城とも) に移り住む。
      鶴ヶ城稲荷 神社が、蘆名直盛公の東黒川館築城により勧請。
      大阪/住吉大社のご神体を迎え、 住吉神社が勧請される。
      融通寺が、蘆名直盛公が建立した小館 (融通寺町) へ移る。
至徳2/元中2(1385)年
      日什大正師が、見附/玄妙寺を開山。
8月     源翁禅師が、殺生石を退治する。
至徳3/元中3(1386)年
      第9代領主となる蘆名盛政公が生れる。
      葦名直盛公が、伊舎須弥神社 (現/八角神社)を修築して「亀の宮」と称する。
      日什大正師が、吉美/妙立寺と、船目/本立寺を開山。
嘉慶元/元中4(1387)年
      心清水八幡神社 (会津坂下町) へ「鰐口 (国指定重要文化財)」が奉納される。
      源翁禅師が、秋田/最禅寺を開山。
12月 9日   大地震が発生。
嘉慶2/元中5(1388)年
      日什大正師が、顕本法華宗を興す。
康応元/元中6(1389)年
      日什大正師が、京都/妙満寺と、松野/妙松寺を開山。
12月 19日   地震が発生。
明徳元/元中7(1390)年
      源翁禅師が、岡山/化生寺を開山。

元中8/明徳2(1391)年
      日什大正師が会津に帰郷し、蘆名盛政公が創建の妙法寺を開山。
12月 30日   第7代領主/蘆名直盛公が没。
元中9/明徳3(1392)年
      観音寺<大町>が、蘆名詮盛公により創建され、仁鑁上人が開山。
2月 28日   日什大正師が、生誕の地 (後の妙国寺) で入滅 (79歳)
明徳4(1393)年
    4月〜11月、雨が降らず。
応永元(1394)年
      顕本法華宗開祖/日什大正師の霊場としての妙国寺を、日仁上人が創建。
応永2(1395)年
      源翁禅師が、鹿児島/玉泉寺を開山。
応永3(1396)年
      からむしの栽培が、野尻郷で始まる。
応永4(1397)年
      菅原神社 (喜多方市) が勧請。
      冬季に雪が降らず。
応永5(1398)年
      勝常寺 (湯川村) が焼失する。 翌年に再建される。
応永7(1400)年
1月 7日   殺生石伝説の源翁禅師が、が、示現寺 (喜多方市) で入滅 (72歳)
応永9(1402)年
      伊佐須美神社 (会津美里町) の宮司が、反乱を起こす。
蘆名氏一族の加納氏が滅亡。
応永14(1407)年
1月 5日   大地震。
応永17(1410)年
      蘆名氏一族の北田氏が滅亡。
応永18(1411)年
      興徳寺が焼け、廻りの38戸が延焼する。
応永19(1412)年
      大飢饉。
応永22(1415)年
5月 1日   「酉刻闇きこと夜の如し」
応永24(1417)年
3月 25日   慧日寺 (磐梯町) が火災で焼ける。
応永25(1418)年
1月 24日   新宮、塩川、遠田、塩坪で戦いが勃発。
応永26(1419)年
7月 28日   〜29日、大洪水。 大川鶴沼川・宮川が氾濫。 
 この年 蘆名盛政公が足利持氏と敵対して起きた内乱を、小布瀬城の陥落で鎮圧。
応永27(1420)年
5月 18日   この日より日照りが続き大飢饉となる。 餓死者多し。
応永28(1421)年
      蘆名盛信公天寧寺を創建。
応永29(1422)年
      安勝寺 (喜多方市) が、示現寺の僧/雲光により草創。
応永30(1423)年
      自在院が、僧/長巌により開山。
応永31(1424)年
1月 2日   大水になり河川が氾濫。
2月 11日   大洪水。
5月 2日   大水になり河川が氾濫。
 この年 大飢饉で死者多し。
応永32(1425)年
      弥勒寺が、蘆名盛政公により創建され、秀哉上人が開山。
応永33(1426)年
8月 6日   大水になる (9月3日とも)。
応永34(1427)年
9月 4日   洪水により、死者多し。
永享元(1429)年
      松沢寺 (会津美里町) が、僧/粛芳により草創。
永享元(1429〜1430)年
6月   6月から9月の間に、大洪水が頻発する。
永享3(1431)年
      老翁山延命寺 (猪苗代町) が、岡部山城又六郎により金曲村で創建。
永享4(1432)年
      霊泉の湧く地に、後の御薬園となる蘆名盛久公の別荘が建立。
永享元(1429)年とも。
蘆名氏一族の新宮氏が滅亡。
永享5(1433)年
6月 6日   大地震 (M6.7)、山岳崩れる。
9月 16日   大地震。
永享6(1434)年
6月 5日   第9代領主/蘆名盛政公が、蘆名盛久公に家督を譲る。
6月     第9代領主/蘆名盛政公が没。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [飛鳥以前]  [奈良〜平安]    [鎌倉/後半]  [戦国〜江戸]  [江戸/前半]  [江戸/後半]  [幕末]  [明治]  [大正]  [昭和]  [平成]  [令和]