会  津  の  歴  史  年  表

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [飛鳥以前]  [奈良〜平安]  [鎌倉/前半]  [鎌倉/後半]  [戦国〜江戸]  [江戸/前半]  [江戸/後半]  [幕末]  [明治]  [大正]  [昭和]

平   成   時   代

平成元(1989)年
      会津高原温泉 (南会津町) が温泉を掘り当てる。営業は平成5(1993)年から。
      伊東正義が、総裁 (総理大臣) を要請されるも固辞。
  「本の表紙を変えても、中身を変えなければ駄目だ
      作曲家/猪俣公章の「あばれ太鼓」が大ヒットする。
5月 15日   「母にもまさる母」と慕われた井深八重没 (満91歳)
7月     田子倉ダムの水量を調節するための只見ダム (只見町) が完成。
平成2(1990)年
      茶室「麟閣」が、鶴ヶ城/本丸の元の場所に移築復元。
      鶴ヶ城公園が、日本さくら名所100選に選定される。
      大林寺の本堂が再建。
      小栗山温泉 (金山町) が開湯。
      蔵座敷美術館 (喜多方市) が開館。
2月 18日   伊東正義が、第39回衆議院議員総選挙で当選 (福島2区、9期目)
10月 12日   会津高原駅会津田島駅」 間が電化され、浅草駅から直通運転開始。
平成3(1991)年
      14年の歳月をかけた大川ダムが完成し、若郷湖が出現。
      延命寺<藤倉>の本堂が再建。
3月     御薬園が、松平家から会津若松市へ譲渡。
10月 19日   会津坂下町と北本市 (埼玉県) が、姉妹都市提携。
10月 22日   歌手/春日八郎が没 (67歳)。
平成4(1992)年
      ソニーの創業者/井深大が、産業人として初の文化勲章を受章。
2月 13日   発見された小惑星に、野口英世の名前が命名される。
3月     版画家/斎藤清が、85歳の年に連作「会津の冬」第100作目を完成。
10月 29日   磐越自動車道の会津若松ICまでの区間が開通。
平成5(1993)年
      鶴ヶ城の外濠跡など一部外郭遺構が、国史跡に追加指定。
4月 14日   会津大学が開校。
6月 10日   作曲家/猪俣公章没 (56歳)
12月 1日   「会津若松駅〜上野駅」の特急「あいづ」が廃止。
会津若松駅郡山駅」の特急「ビバあいづ」が運行開始。
平成6(1994)年
4月     黒谷ダムが運転を開始。世界一のゴム堰ダム。
5月 20日   硬骨で清廉なハト派議員の傑物/伊東正義没 (81歳)
11月 19日   只見町と柏市(千葉県)が、姉妹都市提携「ふるさと交流都市提携」。
平成7(1995)年
4月     道の駅「たじま」 (南会津町) が、開駅。
5月     柳津西山地熱発電所が、営業運転を開始。
6月 10日   版画家/斎藤清が、文化功労者となる。
6月     春日八郎記念公園・おもいで館」がオープン。
平成8(1996)年
1月 20日   会津乗合自動車が、磐越道開通に伴い 「会津若松〜郡山〜平線」 の特急バスを 「高速バス」 として運行開始。
3月 22日   会津乗合自動車が、高速バス「福島〜会津若松線」 の運行開始。
4月     道の駅「喜多の郷」 (喜多方市) が、開駅。
8月 9日   レオ氏郷南蛮館が、開館。
8月 10日   会津鉄道の「南若松駅」が新設。
10月 1日   旅館「向瀧」が、文化財保護法/第1号物件の国選定登録有形文化財となる。
平成9(1997)年
3月     道の駅「裏磐梯」 (北塩原村) が、開駅。
10月 1日   磐越自動車道が全線開通(新潟〜 いわき)開通。
版画家の斎藤清美術館が開館。
10月 2日   会津乗合自動車が、高速バス「会津若松〜新潟線」の運行開始。
11月 14日   版画家/斎藤清没 (90歳)
12月 19日   ソニーの創業者/井深大没 (90歳)
  同年、勲一等旭日桐花大綬章を没後受勲。
平成10(1998)年
      大法寺の本堂が再建。
7月 25日   会津乗合自動車が、高速バス「仙台〜会津若松線」 の運行開始。

tr>
平成11(1999)年
      ミニ尾瀬公園 (檜枝岐村) が、開園。
4月 29日   磐越西線に 「SLばんえつ物語号 (不定期)」 が運行開始。
8月 7日   会津鉄道の 「あまや駅」 が新設。
10月 30日   会津若松市と鳴門市(徳島県)が、親善友好都市提携。
12月 10日   会津乗合自動車が、高速バス「夢街道会津号」 の運行開始。
平成12(2000)年
2月 1日   会津若松市、猪苗代町、郡山市との猪苗代湖域境界が確定。
会津若松市は、同湖の約3割が市域となる。
7月 18日   会津鉄道の 「会津山村道場駅」 が新設。
9月 24日   会津若松市と伊那市(長野県)が、親善友好都市提携 (旧/高遠町)。
平成13(2001)年
      鶴ヶ城の赤瓦葺きの干飯櫓南走長屋が復元。
      向羽黒山城 (会津美里町) が国指定史跡となる。
      下郷町下野街道が国指定史跡となる。
      赤城清水 (三島町) が、まちなか整備事業として整備。
7月 1日   会津乗合自動車が、 まちなか周遊バス「ハイカラさん」 の運行開始。
10月     磐越自動車道の「郡山インターチェンジ〜会津若松インターチェンジ」間が上下4車線化。
10月 6日   只見線の全線開通30周年を記念して、「SL&DL会津只見号」 が「会津若松駅〜只見駅」間で運転。 以降は不定期ながら 「SL会津只見号」 として運行。
12月 1日   只見線の 「 田子倉駅」 が臨時駅に変更。
平成14(2002)年
2月 11日   長崎屋/会津若松店が閉店。
8月 29日   会津鉄道の 「ふるさと公園駅」 が新設。
11月 5日   斎藤清アトリエ館 (柳津町) が開館。
12月 1日   磐越西線の特急「ビバあいづ」 が、「あいづ」 に改称。
平成15(2003)年
      昭和なつかし館が、開館。
4月 1日   東都自動車グループの一員として、磐梯高原や猪苗代を中心に運行する 「磐梯東都バス」 が設立。
5月 2日   道の駅「会津柳津」 (柳津町) が、開駅。
7月 1日   高原有料道路/西吾妻スカイバレー (北塩原村) が、無料化。
10月 1日   磐越西線の特急「あいづ」が廃止され、快速列車「あいづライナー」に格下げ。
10月 12日   歌手/春日八郎のブロンズ像が、会津坂下駅の広場に建立。
平成16(2004)年
8月 31日   磐越西線の快速列車「あいづライナー」の運転休止が決定。
9月 3日   「翁島郵便局」が、「野口英世の里郵便局」 (猪苗代町) と改称。
9月 13日   道の駅「にしあいづ」 (西会津町) が、開駅。
11月 1日   野口英世が、日本銀行券のE号千円札の肖像になる。
会津若松市が、北会津村を編入合併。
平成17(2005)年
      野口英世青春広場が完成し、中央公民館前にあった野口英世像が移される。
      田子倉ダム (只見町) が、ダム湖百選に選定。
4月 17日   会津若松市と横須賀市(神奈川県)が、友好都市提携。
7月 1日   磐越西線の特急「あいづ (不定期)」 が復活運転。
10月 1日   会津高田町・会津本郷町・新鶴村の合併で、会津美里町が発足。
11月 1日   会津若松市が、河東町を編入合併。
平成18(2006)年
1月 4日   喜多方市・熱塩加納村・塩川町・高郷村・山都町が合併。
3月 18日   会津鉄道の「会津高原駅」 が、「会津高原尾瀬口駅」 に改称。
3月 20日   田島町・伊南村・舘岩村・南郷村の合併で、南会津町が発足。
7月 25日   野口英世アフリカ賞の創設が、正式に発表される。
4月 6日   鶴ヶ城が、日本100名城の12番に選定される。
翌年6月から、全国的な日本100名城スタンプラリーが開始。
8月 10日   道の駅「尾瀬街道みしま宿」 (三島町) が、開駅。
9月 1日   高原有料道路/母成グリーンライン (猪苗代町) が、無料化。
平成19(2007)年
      会津駒ケ岳などを含む尾瀬が、尾瀬国立公園となる。
ほぼ全域が、国指定特別天然記念物。
10月 13日   歌手/春日八郎の歌碑「赤いランプの終列車」が、会津坂下駅の広場に建立。
11月 20日   会津への夢街道(http://www2.tbb.t-com.ne.jp/yumekaidou/)のHP」開設。

平成20(2008)年
      慧日寺 (磐梯町) の金堂が復元。国指定史跡としての金堂の復元は日本初。
5月 28日   第1回 野口英世アフリカ賞の除幕・授賞式。 5年ごとに表彰が実施される。
11月 20日   会津への夢街道(http://aizukaidou.web.fc2.com/)のミラーサイト」開設。
11月 14日   会津新選組記念館が、開館。
平成21(2009)年
4月 27日   道の駅「しもごう」 (下郷町) が、開駅。
6月 9日   会津への夢街道 (http://www.aizue.net/) のHP」へ、引っ越し。
6月 30日   東北地方では初めてのサティ店舗/会津サティが閉店。
8月 16日   道の駅「ばんだい」 (磐梯町) が、開駅。
平成22(2010)年
2月 28日   会津地方で唯一の百貨店/中合会津店が閉店。
6月 6日   猪苗代兼載 没500年記念句碑 (猪苗代町) が建立。
10月 10日   道の駅「番屋」 (南会津町) が、開駅。
平成23(2011)年
      横須賀市が、円照寺の会津藩士・家族の墓碑6基を市の文化財に指定。
3月     鶴ヶ城/天守閣の屋根瓦を、会津藩の時の「赤瓦葺」に葺き替え完了。
1年がかりの工事であった。
3月 11日   東日本大震災が発生。
保科正之公墓域にある左側の石灯籠も転倒。
7月 26〜
30日
  集中豪雨による洪水被害が発生。
磐越西線の復旧に2カ月半、鉄橋等が流出した只見線の一部は翌年まで運休。
平成24(2012)年
       
平成25(2013)年
1月 6日   山本八重(新島)が主人公のNHK大河ドラマ「八重の桜」放映 (〜12月15日)。
4月 26日   道の駅/奥会津かねやま (金山町)、開駅。
6月 1日   第2回 野口英世アフリカ賞の授賞式
7月 25日   磐梯山ゴールドライン磐梯吾妻レークライン磐梯吾妻スカイラインが無料化され県道となる。
9月 7日   八重之像が鶴ヶ城/三の丸に建立 (除幕式)。
平成26(2014)年
10月 2日   道の駅/あいづ 湯川・会津坂下 (湯川村 会津坂下町) が、開駅。
平成27(2015)年
       
平成28(2016)年
11月 19日   道の駅/猪苗代 (猪苗代町) が、開駅。
平成29(2017)年
       

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [飛鳥以前]  [奈良〜平安]  [鎌倉/前半]  [鎌倉/後半]  [戦国〜江戸]  [江戸/前半]  [江戸/後半]  [幕末]  [明治]  [大正]  [昭和]