[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [喜多方市]

代 表 的 な 蔵

 市内には、4,100棟もの蔵があるとされる。

喜多方市小田付地区 (市街中心地)

 昭和50(1975)年、国の伝統的建造物群保存地区に指定。
 面積:約15.5ヘクタール
 伝統的建造物
 ◇ 建築物 190件 (店舗、主屋、土蔵、附属屋など)
 ◇ 工作物  25件 (門、石造物、市神石など)
 ◇ 環境物件 13件 (庭、樹木、水路など)

《見学のできる蔵》

 喜多方蔵の里については、こちら
 大和川酒造酒蔵北方風土館については、こちら
 会津うるし美術博物館については、こちら
 若喜商店店舗、座敷蔵、煉瓦蔵については、こちら
 甲斐家住宅蔵座敷、住宅店蔵、醤油蔵については、こちら

《店内のみ見学のできる蔵》  <※ 変更も多いので事前に確認されたし>

小原酒造


      建立:明治10年
 種類:店蔵、酒蔵 (見学可)

 ▲(喜多方市字南町2846
      Tel. 0241-22-0074)


金田洋品店


 建立:明治末期
 種類:店蔵 (レンガ蔵)

 ▲(喜多方市一丁目4638
      Tel. 0241-22-0012)


染織工房れんが


 建立:不詳
 種類:味噌蔵・書斎蔵など5棟
     ※ 店蔵は蔵の里に移築

 ▲(喜多方市1丁目4536
      Tel. 0241-23-1424)


喫茶くら


 建立:明治末期
 種類:店蔵 (元々は綿屋)

 ▲(喜多方市1丁目4646
      Tel. 0241-23-2687)


中の越後屋


 建立:不詳
 種類:味噌醤油蔵

 ▲(喜多方市一丁目4647
      Tel. 0241-22-2211)


島慶園 (店内以外は非公開)


 建立:昭和5(1930)年
 種類:店蔵

 ▲(喜多方市字二丁目4656-3
      Tel. 0241-22-0325)


夢屋 カフェ


 建立:明治初期
 種類:店蔵

 ▲(喜多方市寺町4689)


清川酒造


 建立:江戸後期〜明治
 種類:家財蔵、酒蔵

 ▲(喜多方市字二丁目4659)


レディス島屋 (店内以外は非公開)


 建立:大正
 種類:店蔵、書斎蔵 (元々は呉服店)

 ▲(喜多方市字三丁目4804
      Tel. 0241-22-0239)


冠木薬店 (店内以外は非公開)


 建立:明治元年 創業は享保元(1716)年
 種類:商品蔵、塀蔵、厠蔵
 ▲(喜多方市三丁目4800
      Tel. 0241-22-0053)


松本屋

 事務用品や書籍 (地元関連書が充実) 販売。
 建立:昭和初期
 種類:店蔵

 ▲(喜多方市三丁目4791
      Tel. 0241-22-0362)


田原屋菓子店


 建立:昭和35(1960)年
 種類:店蔵

   ▲(喜多方市字谷地田7393-3
      Tel. 0241-22-0574)


喜多の華酒造


 建立:大正8(1919)年
 種類:店蔵、酒蔵

 ▲(喜多方市字前田4924
      Tel. 0241-22-0268)


漆器蔵會津野 (北見八郎平商店)


 建立:明治初期
 種類:漆の貯蔵蔵

 ▲(喜多方市字天満前8919-1
      Tel. 0241-22-0711)


  塚原館跡
 享禄5(1532)年、蘆名盛舜公の庶子/義実が重臣/富田実持の女婿となり築く。
 永禄4(1561)年、義実は挙兵するが鎮圧され討死し、廃館。
 本丸が東西30間、南北36間で、東側に東西30間・南北40間の二の丸、西側に東西14間・南北42間の三の丸を有する。
 摺上原の戦いまでの天正年間(1572〜1579)に、蘆名氏/四天王の1人/富田将監隆実が居住とも伝えられる。

孔雀屋漆器店


 建立:明治24年
 種類:塗蔵

 ▲(喜多方市字天満前8927-3
      Tel. 0241-22-2806)


珈琲専門店 煉瓦

 建立:明治初期
 種類:米蔵

 昭和51(1976)年からカフェ
 ▲(喜多方市町田8269-1
      Tel. 0241-22-9183)


吉の川酒造


 建立:江戸〜大正
 種類:醸造蔵、貯蔵蔵 敷地

 ▲(喜多方市字一丁目4635)


和飲蔵


 建立:明治初期
 種類:倉庫蔵 (現在は店舗)

 ▲(喜多方市北町字2905
      Tel. 0241-22-0437)


馬車の駅


 建立:明治
 種類:店蔵 (元は蔵座敷)

 ▲(喜多方市南町2856-1
      Tel. 0241-22-5355)


新金忠

 建立:江戸〜明治
 種類:店蔵
 喜多方ラーメンの味を支えてきた醸造業は、残念ながら廃業。
 ▲(喜多方市南町2854
      Tel. 0241-22-0027)


夢心酒造


 建立:明治
 種類:酒蔵

 ▲(喜多方市字北町2932
      Tel. 0241-22-1266)


蔵屋敷 あづまさ


 建立:大正
 種類:蔵座敷 (元は大米穀商の屋敷)

 ▲(喜多方市東町4109
      Tel. 0241-24-5000)


東町蔵屋敷「会陽館」

 建立:天保9(1838)年
 種類:居宅蔵、倉庫蔵
 旧五十嵐家の住居が喜多方市へ寄付される。
 平成25(2013)年に改築し、小田付観光案内所と休憩スペースとして活用
 ▲(喜多方市東町4088-1
      Tel. 0241-22-1712)

《外観のみ見学のできる蔵 (非公開)》

五十嵐六七八薬店 (非公開)


 建立:明治中期
 種類:店蔵、塀蔵、味噌醤油蔵、商品蔵

 ▲(喜多方市1丁目4597)


嶋新


 建立:明治初期〜中期
 種類:座敷蔵 (非公開)、
     裏に商品蔵・味噌・醤油蔵 (連結)

 ▲(喜多方市一丁目4647)


安勝寺 (非公開)


 建立:明治中期
 種類:本堂

 ▲(喜多方市字諏訪98
      Tel. 0241-23-1292)


嶋新支店 (非公開)


 建立:大正13(1924)年
 種類:店蔵


島三 (非公開)


 建立:嘉永3(1850)年頃〜
 種類:店蔵・座敷蔵・家財蔵・商品蔵・塀蔵など

 ▲(喜多方市字二丁目)


吉五郎 (非公開)

 平成19(2007)年からベロタクシー事務所として活用。
 建立:大正初期
 種類:店蔵、蔵座敷
 ▲(喜多方市字一丁目)


三浦英次商店


 建立:江戸時代
 種類:店蔵 (元は商品蔵)

 ▲(喜多方市字中町2885)


大森家の蔵


 建立:江戸〜明治初期
 種類:店蔵、米倉 (現在は住宅)

 ▲(喜多方市字南町
      小原酒造の隣)


遠藤宗平宅 (非公開)


 建立:江戸〜明治初期
 種類:蔵座敷、米蔵、商品蔵

 ▲(非公開)


菅井屋薬店


 建立:大正3年
 種類:店蔵

 ▲(喜多方市南町2842)


大善


 建立:大善
 種類:座敷蔵 (元々は呉服商)

 ▲(喜多方市字西町2840-1)


五十嵐酒店 (非公開)


 建立:大正末期〜明治中期
 種類:厠蔵・倉庫蔵・塀蔵

 ▲(喜多方市字一丁目4605)


杉山集落の土蔵群

 戸数10数戸の小さな集落だが、農家蔵群が現存している。
 良質な杉の山があることから「杉山」と呼ばれるが、木炭の他に菅笠の原料/スゲの産地だったため財を成して見事な蔵を建てた。
 外観のみの見学ではあるが、白壁に特徴のある貯蔵蔵などは、一見の価値はある。
 ▲(喜多方市岩月町入田付上中)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [喜多方市]