会  津  の  歴  史  年  表

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [飛鳥以前]  [奈良〜平安]  [鎌倉/前半]  [鎌倉/後半]  [戦国〜江戸]  [江戸/前半]  [江戸/後半]    [明治]  [大正]  [昭和]  [平成]

幕 末  (松 平 容 保 公)

故なくして、時代に翻弄される。


天保6(1836)年
12月 29日   第9藩主/松平容保が、高須藩主/松平義建の6男として江戸で生れる。
弘化3(1846)年
4月 27日   松平容保が、松平容敬公の養子となる。
嘉永5(1852)年
2月 10日   第8代藩主/松平容敬公没 (47歳)
閏2月 25日   松平容保が家督を継ぎ、第9藩主となる。 18歳。

嘉永6(1853)年
7月 13日   彗星が現れる。
安政2(1855)年
10月 22日   第10代藩主となる松平喜徳公が水戸藩に生れる。
安政3(1856)年
      押立温泉 (猪苗代町) が開湯。
安政5(1858)年
      光明寺 (喜多方市) の観音堂が再建。
安政6(1859)年
9月 27日   幕府の直轄地が分与され、警備や開拓の任にあたる。
 (今の標津、斜里、紋別)。 本営陣屋をホニコイ (標津) に設置。
万延元(1860)年
      鹿鳴館の華/山川 (後の大山) 捨松が、家老/山川尚江の末娘として生れる。
文久元(1861)年
      岩船郡・蒲原郡・三島郡・魚沼郡で5万石の領地が会津藩領に加わる。
前年に、安房・陸奥の領地と、越後国の地との交換を幕府に願い出ていた。

文久2(1862)年
8月 1日   松平容保が、将軍/慶喜から初代/京都守護職を命じられる。
12月        〃     下旬に京都/金戒光明寺に向かう。
12月 24日      〃     1千人の藩兵を率い、京都守護職として上洛する。
 この年   南山御蔵入預り地が正式に会津藩領となる。
文久3(1863)年
      心清水八幡神社 (会津坂下町) の現在の社殿が、松平容保により造営。
8月 18日   朝廷内でクーデターが起こり、薩摩藩/島津久光と共に尊攘派を京都から一掃。
10月 9日   松平容保が、孝明天皇から御辰翰を賜る。
元治元(1864)年
2月 11日   松平容保が、京都守護職を辞任。
3月 1日   後に「小公子」などを翻訳する若松賎子が誕生。
4月 7日   松平容保が病気を理由に固辞するも、再び京都守護職を命じられる。
4月 22日      〃    京都守護職に復職。
7月 19日   禁門の変が勃発するも、大砲15門の威力により朝敵/長賊らを制圧する。
元治2(1865)年
      山本八重 (後の新島) が川崎尚之助と結婚、19歳であった。
5月 22日   幕閣内が長賊らの処分で意見対立したため、容保は慎重な対処を提言。
慶応2(1866)年
      神明神社が、南町へ遷宮。
12月 25日   孝明天皇が崩御 (岩倉具視らが暗殺)、松平容保は後ろ盾を失う。
慶応3(1867)年
3月     松平喜徳公が、松平容保の養子となる。
10月 14日   大政奉還。
12月 9日   王政復古の大号令で、京都守護職が廃止となる。

慶応4(1868)年
1月 2日   鳥羽伏見の戦いが起こり、戊辰の役が始まる。 130余名が戦死。
1月 6日   淀藩や津藩が寝返ったため、徳川慶喜はひそかに大坂城から江戸へ向かう。
1月     将軍・藩主が不在では戦えず、鳥羽伏見から撤収する。
2月 4日   松平容保が、徳川慶喜の寛大な措置を輪王寺宮へ願い出る。
2月 13日   神保修理が、鳥羽伏見の戦いの責を取り、三田藩邸切腹する (31歳)
また1人、恭順派で優秀な人材を失う。
2月 16日   松平容保が、江戸を出発して会津に向かう。
2月 22日   松平容保が会津に到着し謹慎する。 恭順の意を貫き、藩兵が領外で戦闘することを禁止する。 よって戦闘に加わった者は脱藩している。
2月     第9代藩主/松平容保が隠居し、養子の松平喜徳公が家督を継ぐ。
3月 10日   長沼流兵法から、洋式の新しい軍制に編成する。
4月 10日   会津藩と庄内藩の同盟が締結される。
閏4月 5日   日光東照宮の御神体が、会津の東照宮へ移される。
閏4月 23日   奥羽の諸藩大名が白石城に集結し、5月3日に奥羽列藩同盟が調印される。
閏4月 25日   西軍が白河城を攻撃するも、撃退。
しかし、地元/町役人の裏切りにより、5月1日に奪われる。
6月 25日   栃木県藤原町の守備隊/大鳥圭介隊が、西軍を撃退。
7月 27日   新潟港が西軍の手に落ち、輸入した最新式武器や弾薬を満載した輸送船が略奪され、その後の戦闘に多大な影響を及ぼす。
7月 7日   大風が空き荒れる。 台風か。
7月 21日   旧幕臣/大鳥圭介隊が、日光口から母成峠に移動する。
7月 27日   三春藩が協定を裏切り、影で西軍に寝返る。
8月 6日   大雨で洪水が発生。
8月 21日   敢死隊、二本松兵、猪苗代兵、大鳥圭介が守備していた母成で戦いが始まる。
8月 22日   西軍が十六橋を破るとの報により、白虎士中二番隊が出陣する。
主力兵は国境防備に派兵されており、城下には、戸の口原 250名・大寺 200人・背炙り口 200人が全兵力であった。
8月 23日   西軍が城下に侵入する。 隠居していた老人たちが奮戦し、鶴ヶ城への侵入は食い止める。 家老/西郷頼母の家族など21人が自刃、その他多くの藩士の婦女子が戦いの足手まといを避けるため自害する。
8月 25日   中野竹子が、柳橋の戦いで薙刀をふるい奮戦するも銃弾に倒れる
勢至堂口の守備隊が鶴ヶ城に帰還する。
8月 26日   三春藩の裏切りで、西軍が小田山に大砲を設置し鶴ヶ城へ砲撃が開始。
8月 29日   佐川官兵衛が率いる1千人が長命寺で戦う。110人の戦死者を出す最大の戦いで、長命寺の戦いと呼ばれる。
8月 30日   坂下の天屋付近で激しい戦闘。
沼山で激しい戦闘。
9月 1日   大内峠で激しい戦闘。
9月 2日   本郷関山で激しい戦闘、4日まで続く。
9月 4日   新撰組の24名が如来堂で奇襲を受け奮戦するも、13名が戦死。
別部隊は山都町で戦闘。
9月 5日   美濃/郡上藩からの援軍/凌霜隊が、西出丸から入城。
神指柳原で激しい戦闘。
9月 6日   佐川官兵衛の隊が秀長寺近くで、西軍に奇襲をかけ大勝利(秀長寺の戦い)。
明治元(1868)年
9月 8日   長岡藩/山本帯刀隊は、濃霧のため西軍のど真ん中、生け捕りにされた者も、最後まで武士道に殉じ、散った。
9月 10日   北方山から喜多方に転進し、熊倉に陣を布く。
9月 11日   熊倉での戦いで、西軍を敗走させる。
9月 12日   米沢兵が南下中との報せで、熊倉を撤収する。
昭和の喰丸峠で激しい戦闘。
9月 14日   高田/永井野で激しい戦闘、16日まで続く。
小田山の約50門による砲撃を合図に、西軍の総攻撃が開始。
9月 15日   一ノ堰付近で激戦を展開。 西軍が多くの戦死者を出して青木へ退くも、会津側も有力幹部を失う。
9月 15日   門田/御山や一堰、下雨屋の西軍を、激しく攻撃する。
9月 17日   一ノ堰から撤収し、福原に陣を布く。
9月 18日   佐川官兵衛隊が、高田の西軍を激しく攻撃する。
9月 22日   鶴ヶ城、開城 (新暦で11月6日)。
 「薩賊長奸となら まだ十分に戦えるが、天皇へ弓を引くことはできない

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [飛鳥以前]  [奈良〜平安]  [鎌倉/前半]  [鎌倉/後半]  [戦国〜江戸]  [江戸/前半]  [江戸/後半]    [明治]  [大正]  [昭和]  [平成]