ネ  ッ  ト  で  見  学

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [猪苗代町]

会  津  民  俗  館

会津民俗館の案内図
有料 (猪苗代町大字三ツ和字前田33-1
 Tel. 0242-65-2600)

@ 第一展示室

 国指定重要有形民俗文化財の「会津の製蝋用具/967点」が展示されている。
 昭和54(1979)年5月21日、指定 (生産、生業)
 美しい花模様などが描かれた絵ろうそくは、今でも全国的に有名な伝統工芸品の1つ。

  @ 第一展示室

A 水車小屋

A 水車小屋

 会津最古の水車小屋。
 主に、米つきに使われていた。


B 角川照子句碑

B 角川照子句碑

 俳人、角川春樹の義母。
 睡り深し いま白鳥も 枯葦も
     <昭和53(1980)年冬、猪苗代湖畔にて詠む>

  B 角川照子句碑 B 角川照子句碑

C 旧佐々木家住宅
 県指定重要文化財。
 安永2(1773)年、玉梨村 (金山町) に建築。
 佐々木家は、建久2(1191)年から名主を務めて37代続いた名家。  寄棟造りの茅葺の平屋で、古い馬屋中門造りが特徴。
 厩中門を持ち、囲炉裏を中心に座敷などが囲むように配置されている。 外観は2階建てだが、隠れ部屋として3階がある。
 昭和42(1967)年、移築。

  C 旧佐々木家住宅

D 庄助ゆかりの石風呂

D 庄助ゆかりの石風呂

 飲んべえで有名な小原庄助が使ったとの石風呂 ???

  D 庄助ゆかりの石風呂 D 庄助ゆかりの石風呂

E 旧馬場家住宅
 国指定重要文化財。
 江戸中期(1661〜1750)、伊南村小塩 (南会津町) に建てられた中流農民以下の家屋として建造。
 広い土間のある奥会津地方 (豪雪地帯) 独特の"曲家"で、生活に欠かせない馬を寒さから守るため家の中に厩を設けた「厩中門造り」となっている。
 昭和49(1974)年、移築。

  E 旧馬場家住宅

F 万霊塚

F 万霊塚

 道祖神や民具の霊など、有縁無縁のありとあらゆる精霊を祀っている。
 「万霊」とは「1万の霊」ではなく「全ての霊」のこと。
 通常、「三界万霊 (欲界・色界・無色界」などと使われる。

  F 万霊塚 F 万霊塚 F 万霊塚

G 子安観世音堂

G 子安観世音堂

 鶴ヶ城内に安置されていた子安観音菩薩。
 戊辰の役の際に藩士により運び出され戦火を免れた。
 開城後、砲弾3発を受けた社も移築され、再安置された。
 子孫繁栄などの御利益があると厚く信仰されてきた。

  G 子安観世音堂
  .
G 子安観世音堂 G 子安観世音堂

蝋釜屋(製蝋小屋)

H 蝋釜屋 (製蝋小屋)

 昭和54(1979)年5月21日、国指定重要有形民俗文化財
 高郷村小ヶ峯 (喜多方市) の釜元にあった製蝋小屋。
 昭和36(1961)年頃まで使用されていた。
 江戸時代に江戸で使用されていた蝋の6割は、会津産からの年貢で賄われていた。
 昭和47(1972)年、移築。

  蝋釜屋(製蝋小屋) 蝋釜屋(製蝋小屋) 蝋釜屋(製蝋小屋)

I 会津物産館

I 会津物産館

 会津絵ろうそく会津木綿会津塗本郷焼など会津の伝統工芸品を販売している。
 赤ベコや会津塗の絵付け体験もできる。
 訪れた時は、「会津民話小屋」の舞台が設けられていた。

  I 会津物産館 I 会津物産館 I 会津物産館
[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [猪苗代町]