会   津   で   遊   〜   ぼ   !

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]

東 山 温 泉 ぶ ら り 朝 散 歩

 朝食前の腹ごなしに、心地よい散歩をイメージ。
 記載の宿は目印に記載したもので、多く旅館がひしめいて温泉街を構成している
 案内は、温泉の入口から湯川に沿って旧道を進む反時計回りルートで、ご案内。
 各人の宿泊旅館の場所から、手持ちの時間に合わせて、ご参考に。

 天平年間(729〜749)、遊行僧/行基上人が巡錫の際、東の山に異彩ある霧雲がたなびく霊感を得て、草木を分け入り、岩を這い上り向かうと、黒川 (現/湯川) の岸に出た。
 さらに川に沿って遡ると、轟く音とともに瀧へと辿り着き、しばし見とれる。
 見とれていると、足が3本で羽が輝いている烏がやってきて誘うような仕草をするので、木から木へと飛び移る烏の後を追うと、岩間から湯煙が噴出しており、異彩ある霧雲の正体を知る。
 けたたましく烏が鳴き騒ぐので仰ぎ見ると、妙見菩薩・聖観音菩薩・軍荼利明王の3尊が現れ この地が霊場と悟り羽黒山と称し、日の出に陽が当たる場所から東光寺の名で開山した。
 当初、野猿の群れが入浴していたことから「猿湯」と呼ばれていた。
 建武3/延元元(1336)年、さらに奥から豊富な湯量の温泉が湧き出てきた。
 創傷や火傷、打ち身などに効能があると評判になり、湯治湯として利用され始めた。
 天正年間(1584年)頃、天寧寺の寺領であることから、「天寧寺の湯 (天仁寺の湯)」と呼ばれる。
 江戸時代には湯治場として大いに栄え、藩の別荘・保養所・座敷役場も整備され、温泉番付「諸国温泉功能鑑」に「東之方前頭/会津天仁寺の湯」と格付けされている。

 鶴ヶ城の城下町から東の方角にあることから「東山」とも呼ばれており、西の方角にある柳津には西山温泉がある。 北には近くに山がないため北方 (きたかた、明治に入り喜多方と改称) 、南の山間部を南山と呼んでおり日光へ至る街道 (会津西街道) は南山通りと呼ばれていた。
 なお、廃仏毀釈のため明治11(1878)年に東光寺は羽黒山神社となり廃寺され、木造金剛力士像2躯などは阿賀町上川の日光寺 (旧/会津藩領) に移された。


東山温泉の入口

東山温泉の入口

東山温泉入口の説明文
   ↓
庄助の宿 瀧の湯

庄助の宿 瀧の湯    .


   ↓


伏見ケ滝

 東山四大滝の1つ。
 悲しい伝説がある。

   ↓
黒川の小径 からり妓の小径 神秘の小径

 6〜7台ほどの一般客用駐車場の先に、二股道 (三叉路?標識) がある。
 「黒川の小径」から橋を渡り、旅館/向瀧の脇を進む。


向瀧(旅館) 向瀧(旅館)の登録碑

向 滝 (旅館)    .


向滝の裏

向 滝

 進入禁止の行き止りまで進んでも滝は見えないが、音は鑑賞できる。

水神

水 神       .

山側に、ひっそりと、 .
水神が佇んでいる。  .

   ↓

猿の湯

猿の湯

猿の湯
猿の湯の由来
猿の湯

 「不動滝 (現/新滝別館)」は、東山温泉の中で最も古い3つの源泉「猿の湯、こがの湯、不動湯」を所有しているとのこと。
 そのうちの1つ「猿の湯」が、土方歳三の湯治湯である。
 現在は入浴できず、保存・公開だけされていた。

   ↓

 石段を上り、「からり妓の小径」への途中に、足湯がある。

足湯

足 湯

東山温泉の伝説 「からり妓さん」 竹久夢二 土方歳三 小原庄助さん
足湯処の由来 足湯 足湯

 利用時間 7時〜21時

   →

残念坂 羽黒山湯上神社の石柱 残念坂の説明文

 足湯から直進した坂が、
「残念坂」である。

 羽黒山湯上神社の石柱がある。 .
 神社への入り口でもある。    .
 浴衣と下駄では、無理・・・。   .

湯泉神社

湯泉神社

湯泉神社の説明文

 すぐの所に、湯泉神社がある。
 こちらは、二日酔いでも、参拝できる。

   ←

松本家 湯の花羊かん

松本家

 朝7時30分から開店。
 お勧めは「湯の花羊かん」。

   ↓

竹久夢二の碑

竹久夢二の碑

竹久夢二の碑の説明文
 昭和41(1966)年9月、代表作の1つ「宵待草」発想の地/大川端に建立。
 昭和52(1977)年9月、夢二が好きだった雨降り滝の橋の手前に移設。
 その後、現在の地/旅館の新瀧に移された。
   ↓

 「竹久夢二の碑」の脇の橋を渡った「くつろぎの宿 新滝」の敷地内に、「与謝野晶子の碑」がある。


与謝野晶子の碑

与謝野晶子の碑

与謝野晶子の碑の説明文 与謝野晶子の碑の説明文

 館内のロビー脇の1区画に「竹久夢二ギャラリー」がある。
 無料開放されているが、フロントで許可を得て見学し、終ったら御礼の一言は礼儀であろう。

竹久夢二ギャラリー

竹久夢二記念ギャラリー 〜夢浪漫〜


くつろぎの宿 新滝

くつろぎの宿 新滝    .


   ↓

夜泣き地蔵尊

夜泣き地蔵尊

 道路沿いの山側に、小さな祠が、ひっそりと佇む。

   ↓

尼渕 尼渕

尼渕 (千穂姫)

 悲哀伝説がある。

尼渕の説明文

手塚治虫の案内図

 手塚治虫も、東山温泉をこよなく愛していた。
 


   ↓

原瀧

原 瀧

 東山四大滝の1つ。
 「まとい橋」を渡った向かい側から見る。
 早春か、初冬でないと、枝葉でよく見えない。

原瀧(旅館)

原 瀧 (旅館)    .


   ↓

今昔亭の足湯

今昔亭の足湯

今昔亭の足湯の説明文

 利用は、10時頃から。

常設の川床

常設の川床  .


今昔亭

今昔亭    .


新道の方向へ左折しないで、そのまま直進する。
   ↓

虚空蔵尊 虚空蔵尊

虚空蔵尊

虚空蔵尊の説明文
   ↓

馬頭観音 馬頭観音

馬頭観音

馬頭観音の説明文
   ↓

雨降り滝

雨降り滝

雨降り滝の説明文 雨降り滝の説明文

 雨降り滝と道路の反対側に、奇岩の「傘岩」がある。


傘岩

傘岩 (からかさいわ)

 正面から見ると、あたかも唐傘を畳んだように見える。
 マグマが冷却固結する際に生じる柱状になった節理。
 柱状岩の岩肌が何層にも重なり、見事な形状をしている。


東山グランドホテル

東山グランドホテル    .


いま来た道を戻り、途中で新道の方向へ右折する。
   ↓

ロープウェイ

ロープウェイ跡

 背炙山ロープウェイは、昭和31(1956)年に開業。
 北海道と東北、北陸で3ヶ所しかなかったため、「空飛ぶ観光バス」と大人気になり、7時30分から20時まで運行していた。
 漫画家の手塚治虫氏も、このロープウェイを舞台にした作品を残している。
 第二ロープウェイが新設され大人気だったが、頂上までの車道が開通すると利用客は激減し、昭和60(1985)年に廃止された。

   ↓
トンネル(東山隧道)

トンネル (東山隧道)    .


   ↓
くつろぎ宿千代滝

くつろぎ宿千代滝    .


   ↓

羽黒山湯上神社

 1,225段もの石段があり、元気な人にはお勧め。
 朝食が美味しくなるのは、間違いなし。

   ↓
御宿東鳳

御宿東鳳    .

 背炙山に至る林道に
入った所にある。  .


東山温泉の入口

東山温泉の入口に戻る


近 く の 見 ど こ ろ

庖丁塚

庖丁塚

庖丁塚の説明文  東山温泉の入口手前の広い公共駐車場の中。
 正面の下に、庖丁を納める口が設けてある。

近藤勇の墓

近藤勇の墓

 温泉入口から天寧寺本堂までは、1,200メートルほど。
 朝食前の散歩には、健脚向き。

会津藩主松平廟所

会津藩主松平廟所

 温泉入口から廟所正門までは、340メートルほど。
 廟所内は広大で、朝食前の散歩には、ちょつとキツイ。


会津武家屋敷

会津武家屋敷

 温泉入口から460メートルほど。
 開館は8時30分からだが、シーズンには第2・第4日曜日の朝6時から8時まで朝市が開かれる。


ネパール博物館

ネパール博物館

 温泉入口から300メートルほど。
 会津料理・鶴井筒にあるが、開店は10時から。


ロンドンタクシー

ロンドンタクシー

ロンドンタクシー ロンドンタクシー
 旅館名の入った「ロンドンタクシー」を見かけたら、今日はラッキー日!

 くつろぎの宿「新滝」で「竹久夢二記念ギャラリー」をフロント尋ねると、宿泊客でもないのに、
  「どうぞ、ごゆっくりご覧ください」
と快い返事を受けた。
 今昔亭で、塀の中に見える足湯を尋ねれば、
  「どうぞご利用ください。前にある砂利の駐車場もご利用なさって結構です」
と、懐の大きい言葉が返ってきた。
 ここには、古き良き“会津”が残っていた。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]