会   津   で   遊   〜   ぼ   !

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]

竹 久 夢 二 の 名 残 を 巡 る

 明治44(1911)年・大正10(1921)年・昭和5(1930)年の3度も会津を訪れている。
 親友/長尾為治を訪ねて初めて訪れた夢二は、会津の風景・風土すべてに魅了された。
 会津の美人画や風景画、こよなく愛した東山温泉街のスケッチなど数多くの名画を描く。
 滞在中には、若い女性を見つけると見境なく描き写し、幾度となく変質者に間違いられ、何度も警察署に連行されている。
 “漁色家で浮気者”との評を感じたのか、会津で描いた作品に退廃的な女性画は少ない。
 2回目は、3人目の妻/お葉 (佐々木カ子ヨ(かねよ))と東京で所帯を持った1ケ月後頃に訪れ、8月から11月まで会津などの各地を旅し、展覧会を催した。
 「盆おどり」は この時に描かれ、民謡会津磐梯山の歌詞も創作された。
    「屏風岩とは 嬉しじゃないか 掛けてゆこかよ 恋衣
 3度目の来訪から4年後に、再訪を心残りと言いつつ49歳の生涯を終えた。

 さあ、東山温泉に宿泊し、会津に残っている名残を、訪ねよう。

東山温泉に宿泊 (できれば新滝)

竹久夢二ギャラリー (くつろぎの宿 新滝)

竹久夢二ギャラリー 竹久夢二ギャラリー
くつろぎの宿 新滝  館内ロビー脇の1区画に、無料開放されている。
 を訪れた3度の いずれも当館 (新滝旅館) に逗留しており、その時に残された作品の中から、数点が常時公開・展示されている。
 宿泊者ではなくても、快く見学させてもらえるはず。

 ▲新滝 (会津若松市東山町湯本川向222)

   ↓

竹久夢二の碑

竹久夢二の碑

竹久夢二の碑の説明文
  「まてどくらせど 来ぬひとを 宵待ち草のやるせなさ こよいは月も 出ぬそうな
 新滝の入口にある洗心橋の手前角に、建立されている。
 昭和41(1966)年9月、代表作の1つ「宵待草」発想の地/大川端に建立。
 昭和52(1977)年9月、夢二が好きだった雨降り滝の橋の手前に移設。
 昭和56(1981)年、背炙山ロープウェイの東山ケーブル駅前に移された。
 昭和60(1985)年、背炙山頂上までの車道が開通に伴い利用客が激減し廃業となってしまい、現在の地/旅館の新瀧に移された。

 逗留先の「新滝」に、「トンボ」というお抱え娘の芸妓がいた。
 その娘をモデルにして、遊ぶ姿をよく描いている。
 少し離れた大川畔にも絵を描きに よく出向き、大川の高田橋の所にあった川魚料理「川手」という店を贔屓にしていた。
 ある日、「トンボ」を誘った。 会津では、男女が並んで歩けない風土がある。
 先に店に行って、いくら待っても「トンボ」は、来なかった。
 「新滝」の見習い芸妓 (半玉) は、客との店外デートが厳禁だったからであった。
 大川の堤には、「月見草 (= 待宵草)」が一面に咲き誇っていた。
 この鮮烈な情景から、夢二の代表作となる「宵待草」の詩想を得る。
 翌年/明治45(1912)年、雑誌「少女」に「筆名/さみせんぐさ」で発表された。
  「遣る瀬ない釣り鐘草の夕の歌が あれあれ風に吹かれて来る
   待てど暮らせど来ぬ人を 宵待草の心もとなき
   想ふまいとは思へども 我としもなきため涙 今宵は月も出ぬそうな

 「待宵草」を「宵待草」としたのは、夢二の創作とされる。
 昭和41(1966)年、「宵待草」の発想地/大川端に碑が建立された。
<「東山温泉ぶらり朝散歩」と併記>  .

   ↓

足湯

《竹久夢二 (1884〜1934)》
 

   ↓  3,6 Km

お土産は、宵待草と夢二菓譜 (上菓子司 会津葵) で決まり !?


宵待草
 夏の大川を彩る宵待草と、会津を愛した夢二をイメージした 求肥。

     夢二菓譜
        干菓子の「御法度打ち菓子」。

 ▲本店 (会津若松市追手町4-18)

   ↓ 27,1 Km

竹久夢二 ロマン記念碑 (きよひめ公園)



 昭和5(1930)年夏、地元の娘をモデルにして、数多くのスケッチを描いている。
 魚渕の逸話に感銘を受け、も残している。

<「柳津町」と併記>     .
 ▲(柳津町柳津字諏訪町)

   ↓ 25,4 Km

蔵座敷美術館

 平成2(1990)年、笹屋旅館の蔵座敷を美術館として開館。
 建物は、明治24(1891)年築の蔵で、上段の間・中の間・三の間の3部屋から成っている。
 竹久夢二「秋のおとづれ」をはじめ、日本画・屏風絵・掛け軸、書、彫刻、陶磁器など約100点の作品を収蔵・展示している。
 会津を訪れた夢二は3度とも逗留しており、直筆4点・復刻版4点の作品を所蔵とのこと。
 左側の入口手前に、竹久夢二の歌碑がある。
 ▲笹屋旅館 (喜多方市字三丁目4844 Tel. 0241-22-0008)
   ・10時30〜16時
   ・休館 月曜日、冬期間は土日祭日のみ開館

笹屋旅館 《笹屋旅館》
 明治12(1879)年、創業。
 3代目/圭一郎が画商を兼ねていたため、数多くの画家も逗留していた。  名取春仙小川芋銭森田恒友安田靱彦下村観山酒井三良、武者小路実篤など。
 当時、旅をしている画家は、旅先で即売用の絵を描くのが常であったため、旅館に多くの絵が残された。

<「喜多方市」と併記>     .

   ↓  1,0 Km

月見橋 (田付川)

 喜多方市中川原と道緑町を結ぶ田付川に架かる橋。
 竹久夢二が、この橋から輝くばかりの月を見て、大いに感動したことに由来する。
 親柱は、月をイメージして形成されている。
  全長:45.5メートル
  幅員:14.8メートル
  形式:2径間PC連続ポステン中空床版橋
 平成8(1996)年、旧橋梁が水害で落橋。
 平成9(1997)年、現在の橋が竣工。

 ▲(喜多方市中川原〜道緑町)

   ↓  3,1 Km

会津縦貫北道路/喜多方IC


(補)
 親友/長尾為治の孫/睦夫氏は、営んでいた会津若松市内の酒店の2階で「夢二資料館」を開設していたが、残念ながら火災が発生し、貴重な資料などと共に焼失しまった。


《参考》  <作品の画像は非公開>
 愛して頂戴愛の総勘定青い木の実赤襦袢秋(みのり・秋の色)秋雲流れて秋の海秋のいこい秋のしらべ秋の夜秋晴れ秋りんどう浅草の踊り子あした姉と妹尼寺へゆく女雨の日家の見える風景田舎はきれいです 猪苗代の秋居眠り居眠り地蔵海をみる子ども梅川梅川忠兵衛浦のあけくれ扇をもつ女鴨東の夏丘の上の少女お光の亡霊おこそずきんお七落葉お伽の国めぐりおどりお夏おはなし想い想い想い阿蘭陀の花
女十題(逢状産衣 朝の光へ 北方の冬木場の娘黒猫紅梅三味線堀ネルの感触舞姫)
 海浜にて鏡の女柿の木の下の女かくれんぼ果実篇アダム片想いカフェーの女紙屋治兵衛鴎の歌カルタ歌留多かるた会唐船や唐船屋寒月黄色いくだもの祇園夜話岸邊に立ちて紀伊国屋黄八丈紀伊国屋きまぐれ竹の子九連環緊縮小唄クリスマス黒猫を抱く女黒船屋閨怨化粧の秋ケンタッキーホーム 恋三題挿絵 紅梅恋のほそみち曠野の娘こたつこたつこたつ
 西鶴五人女竿の先の心臓作歌/ふるさと五月の朝五月の朝五月の夜産衣幸せの予感静けき夜に紙帳姉弟詩/母治兵衛のマスク写生三味線草少女と動物雙六湘南風光春宵-為白川夫人初夏初春水族館水竹居助六青春譜石庭(七夕)早春早春の山山霜葉散るソファーで本を見る女空高き頃
 宝船立田姫七夕旅の唄旅の夜玉椿近松情話千代紙(日傘マッチ)月のあかり筑波山図椿少女燕のお家爪をきる女手をつなご電信柱どうして鳥の巣は違うか唐人お吉遠山に寄す童話読書読書トランプ
 長崎十二景(青い酒阿片窟浦上天主堂丘の青楼化粧台サボテンの花十字架凧あげ出島燈籠流しネクタイ眼鏡橋)流れの岸の夕暮に泣きぼくろ南枝早春南都の夏南蛮寺ニコライ堂日本之雨寝椅子ねこの通り道野分
 蓮根と慈姑初恋花影花子花の園花火花火花ひらくはまうた薔薇のとげ春江垂釣榛名の雪春の眼春の夜春のリズム春まつ人春娘図晩春晩春感傷晩夏のひと光れる水美人画賛美人觀書秘薬柴雪白夜ふくろ籐椅子藤の花船唄冬/雪の風ブランコふる里の海ブロークンハート頬杖をつく女 星まつり星まつり 盆おどり
 舞妓 (紅舞妓春の舞妓二人舞妓鴨東舞妓)舞姫また陽は昇る待ちわびて松原待つ人待てど暮らせど窓辺窓辺(表紙)眉をかく女麻利耶観音まわれはしれ道ゆきめ組
 柳橋やなぎ湯山の湖山の娘勇敢な恋人遊女小春ゆうやけこやけゆかたの女雪合戦雪の日ゆきのよる雪の夜の伝説夢見る女宵待草よき朝
 洛北早春裸婦/夏の女蘭燈旅舎春宵りすのひとりごと恋愛の結論
 若草の少女わくら葉忘れうちわ  APL FOOL
 セノオ楽譜 (お江戸日本橋お江戸日本橋オリエンタル・ローマン悲しきワルツ果実篇初戀之歌金剛石春の夜創造曲古歌の思出悲しきけしきさすらい人罌粟の花埴生の宿月光と露ハレルヤ合唱マザー・マックリーやまと少女の歌忍路高島こだま世の態ニーナの死たそがれの歌>麗しき天然死と少女ミネトンカの湖畔独唱ラルゴー舟の舩頭衆紡車ジョセランの子守唄箱根八里は蓮の花匂ひの雨大島女五月の空にわが心は順禮の合唱ヴォルガの舟人夕映君が像ホフマン物語/船うた菩提樹の歌あかつき秋の月幸ある御国潮来出島ロリタセレナーデロマンスかひなき小夜曲アベマリア歌劇/椿姫汝が碧き眼を開け白鳥泣き黒子ハバネラの歌印度の歌唯我が心悩ぞ知らめちちのみの春の宵恋のいきさつ御神やよ影ふめば揺籃月ぞけぶれる宵待草深い河ほととぎすスヰートホームああわが子よかなしみ ジプシーの歌ヴォルガの舟曳歌)
 新小唄 (カチューシャの唄忘れし心 、、晩餐けふやさしきもの喜びの日たそがれいのりたちつれ歌はな別れの歌宵の心椰の葉ひとり者魚燈みちとせバルコン越後獅子心や里(り)雪の夜青柳きぬぎぬ)
 中山晋平民謡曲 (青い芒出船の港須坂小唄波浮の港鉾ををさめてマノン・レスコオの唄鎮西小唄紅屋の娘雀をどり椿港踊旅人の唄東京行進曲龍峽小唄琵琶湖シャンソン鴨川小唄眞間之手児奈*毬と殿さま*空飛ぶ鳥*望月小唄*不壌の白珠)
 中山晋平新民謡 (岡崎小唄雪よふれふれ龍峽小唄西尾小唄舞鶴小唄)
 新作児童唱歌集No1新作小学童謡第二編童謡小曲第十四編)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]