会  津  の  著  名  人

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [50音メニュー]

《 き 》 幕 末 よ り 前

 北田氏  きただ し、  佐原盛連公の次男/広盛を祖とする家系。
 河沼郡北田に城を築き、河沼郡半郡を領し、北田氏を名乗る。
 その後、210年を超える間で、北田氏7代まで続く。
 応永9(1402)年、本家/蘆名盛政公に反旗を翻す。
 応永16(1409)年6月3日、居城/北田城が陥落、城主/北田上総守政康 (大庭政泰) 父子および一族が討死し、北田氏は滅亡した。
 北田城は、東を湯川、西を阿賀川、北を日橋川と三方囲まれた要害の地にあり、当時の平城としては最大級の規模であった。
北田城跡の碑  昭和58(1983)年、発掘調査が行われた。
 今では標柱と案内板、土塁の一部が残るのみ。

 ▲(湯川村三川〜堂畑)
北田城跡 北田城跡
 北原 采女  きたはら うねめ
 初代高遠藩主/保科正光の庶子/北原采女 (光次) を祖とする。
 幸松丸 (保科正之公) が保科正光の養子となった際に教育係に就き、正之公が山形藩、そして会津藩への移封に従って会津入りをする。
 幕府からも「会津の誉れ」と称されるほど優秀な人物だった。
 以降、北原采女を世襲名とし、家老九家の中でも家禄が突出した筆頭家老として幕末まで仕える。
    [三家] 北原・内藤・田中
  + [六家] 簗瀬・西郷・小原・井深・高橋(→梶原)・三宅]
≪6代/釆女光裕≫
 寛政10(1798)年、父/内膳光保の死去で家督を継ぎ、若年寄に就任。
 寛政11(1799)年、家老に就任。
 文化 4(1807)年、勘解由光裕から釆女光裕に改名。
 文化5(1808)年、北方警備の任で陣将として樺太に赴き、ロシア軍襲撃に備える。
 文化 7(1810)年、大老に就任。
 文化14(1817)年5月12日、死去。
≪9代/釆女光美≫
 文久 2(1862)年、松平容保の京都守護職就任に従い上洛。
 元治元(1864)年、9月に若年寄に就任し、11月に家老に就任。
 慶応 4(1868)年8月23日、 鶴ヶ城下に迫るや 、采女光美の母/北原きよは、後顧の憂いを断つため西郷勇左衛門邸で自刃した。
 木村 忠成  きむら ただなり、寛永8(1631)年〜宝永7(1710)年閏8月11日
 初名:重直。 名:忠右衛門忠成。
 豊臣秀頼の家臣/木村長門守重成の孫で、浪人/木村忠次の子。
 京都/大徳寺近くで幼少を過ごす。
 寛永11(1634)年、上洛した高遠藩主/保科正之公に見い出され、親子共々 召し抱えられ、小姓に就く。
 大徳寺に入った正之公にお茶を差し上げる際、遊びに来ていた重直 (忠成) に茶碗を持たせたが立ったまま茶を差し出した。 正之公が理由を尋ねると「豊臣家の家臣であるから関東武士には膝を屈しない」と答えが返ってきた。
木村忠成(naka-中)  非礼を咎めるどころか素質を見抜いた正之公は「すでに時代が変わっている、今から我に仕えよ」と諭したという。
 寛永20(1643)年、正之公の会津藩加増移封の際、忠成と改名する。
 寛文 2(1662)年、町奉行に就任。
 寛文 8(1668)年、郡奉行に就任。
 貞享 3(1686)年、正之公の人を見る目は正しく、南山お蔵入り郡奉行にまで上り詰める。
 墓は大窪山 (現地図に記載あり)。

木村 忠次
 きむら ただつぐ、元和元(1615)年〜明暦2(1656)年
 初名:重直。
 豊臣秀頼の家臣/木村長門守重成の長男。
 父/重成が大坂夏の陣で戦死、その直後に誕生。
 木村忠成の父。
 寛永11(1634)年、上洛した保科正之公に召し抱えられる。
 寛永13(1636)年、最上藩へ加増移封の正之公に従う。
 寛永20(1643)年、会津藩へ加増移封の正之公に従い、使番に就く。

《 き 》 江  戸  幕  末

 北原 雅長  きたはら まさなが、
 天保13(1842)年〜大正2(1913)年7月24日 (享年71歳)。
 通称:半助、号:清華、歌仙庵。
 家老/神保内蔵助利孝の次男、母の実家/北原光吉の養子となる。
 兄/神保修理は、鳥羽伏見の時に藩主が戦線離脱した責で自刃。
 容保の京都守護職就任に従い上洛し、中枢で多くの機密に係わる。
 禁門の変の戦いにも参加。
 戊辰の役では、母成峠守備の大鳥圭介や田中源之進の参謀役に就く。
 開城後は、戦争責任を一身に背負って自刃した家老/萱野権兵衛の最期に立ち会い、遺骸を芝白金/興禅寺に埋葬。
 東京で幽閉 (謹慎)。
 明治6(1873)年、新設の工部省に入省。
 その後、秋田県権大属、長崎県少書記官、対馬島島司などを歴任。
 明治22(1889)年、長崎県令の日下義雄に抜擢され長崎市長に就任、上水道を明治24(1891)年に完成させるなど尽力。
 明治31(1898)年、東京市下谷区長に就任。
 明治37(1904)年、孝明天皇から賜った御宸翰の存在を初めて明らかにし、会津藩が賊軍ではないことを示す京都守護職時代から7年間の「7年史」を著す。 真実の公表を恐れた長賊らは、不敬罪との濡れ衣で拘留した。
 晩年は静岡県浜松に移り、歌道に親しんだ。
 辞世「人の世を 離れてすめる月影に さそわれて行く 西の山の端
 墓所は浜松市/西来院
 木村 熊之進  きむら くまのしん、
 文化14(1820)年〜慶応4(1868)年5月1日 (享年49歳)
 文化11(1817)年〜 (享年52歳) とも。
 名:重光。 字:中羽。 号:蕉陰。
 幼くして書を好み、藩校/日新館で頭角を現し16歳で大学に進む。
 剣、槍、弓、馬に長じ、詩をも能くする。
 文武に秀でるも気骨のある性格からか、物頭・組頭にとどまる。
 禁門の変では、壱番隊長坂隊として奮戦。
 戊辰の役では、軍事奉行添役の職にあったが、国内外の大勢を論じ強く帰順論を唱えるも聞き入れられなかった。
 さればと白河口へ出陣して奮戦するも、砲弾にあたり負傷すると桜山町に退き、自刃して果てた。
 乗越/戦死墓・会津銷魂碑に合祀。

菊地徳蔵  菊池[某]  北原軍太夫  北村直衛  木間源次郎  木間留次郎  木村常之助  木村兵庫・幸蔵・ナミ・カヨ・スカ・エン・忠右衛門・ナヲ・コト  木本左門  木本内蔵丞成紀

《 き 》 幕 末 よ り 後

 君島 八郎  きみしま はちろう、
 明治9(1876)年12月28日〜昭和30(1955)10月14日
 若松町にて誕生。
 明治28(1895)年、会津中学校(県立会津高等学校)を卒業(一回生)。
 明治34(1901)年、東京帝国大学を首席で卒業。
 東京帝大の助教授を経て、ドイツ、フランス、アメリカへ留学。
 明治44(1911)年、九州帝国大学/工学部教授に就任。
 1929年(昭和4(1929)年、同大学/工学部長に就任。
 昭和10(1935)年、同大学を退官、名誉教授の称号が授与される。
 大学在任中、北九州各市の都市計画、上下水道、港湾建設などに顧問として尽力している。
 昭和25(1950)年、土木学会の名誉会員に推挙される。
 著書「測量学」「君島測量学」「河海工学 第一編〜第四編」「君島大測量学 上/下」など。
 特に、「君島測量学」「君島大測量学」は、戦前の土木名著100書に選ばれ、測量技術者の必携の書とされた。
 木村 育子  きむら いくこ、安政2(1855)年〜昭和13(1938)年 (享年84歳)
 鶴ヶ城下の仏門家にて誕生。
 日本のナイチンゲールと称される瓜生岩子を尊敬しており、幼い弟や妹の子守をしたり、貧困のため奉公に出される婦女子を救済・保護し、教育の機会を与えるための活動を決意する。
 明治34(1901)年、貞淑の美徳涵養を目的に「会津婦人会 (満福寺)」を設立 (46歳)。
 明治35(1902)年、婦人の修養と救済する保育活動として、会津初の保育所「若松子守学校」を開校。
 大正14(1925)年、「子守学校」の創立25周年を記念して、保育園の始まりとなる保育事業を開始。
 昭和11(1936)年、「隣保館 (山鹿町)」を建設。
 昭和33(1958)年、社会福祉法人「会津婦人会保育園」となる。
 昭和13(1938)年、北小路町の自宅において死去。
 著書「みなれさを」。
 きよ彦  きよひこ、昭和25(1950)年〜  本名:大堀清日古。
 旅館の板前の父と農家の母の子として西会津町にて誕生。
 県立西会津高等学校を卒業し、上京。
 サラリーマン、六本木でバーの経営などを経る。
 昭和63(1988)年、京都の友禅呉服問屋/千總の勧めで、着物のデザインに着手する。
 先立たれた妻の代わりに、短大に通学する愛嬢のために、2年間も弁当を作ったことが料理人になる契機になったとのこと。
 着物デザイナー、料理人、料理研究家、六本木「まめ彦 (おでん)」のオーナーや、おネエキャラのタレント業などで活躍中。
 会津若松市にプロデューした「そば処/きよ彦 花」は閉店した模様。
[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [50音メニュー]