会津への夢街道、"夢ドライブ"に、ようこそ
会津までの経路や、名所旧跡などの見どころ、名産などを紹介しています。


そして、
ワイワイ旅、ノンビリ旅、ヒトリ旅に、ぜひ。
きっと、思い出に残る素敵な出会いが待っているはず。

このサイトはリンクフリーですが、複写・転載などは禁止。

このホームページは、 さくらのレンタルサーバ で運営。

《トピックス》

昭和村のかすみ草”が日本農業賞の大賞に選定

 令和6(2024)年1月29日、第53回日本農業賞の集団組織の部で、「JA会津よつば かすみ草部会 (昭和村/宿根かすみ草)」を大賞に選定と発表。
 表彰式は、3月9日に東京都で執り行われる。
 全国農業協同組合中央会・都道府県農協中央会・日本放送協会が、意欲的に農業経営や技術改革と発展に取り組む農業者と営農集団を、昭和46(1971)年から表彰している。
 集団組織の部での大賞は、「南郷トマト」が受賞してからの2例目。

《トピックス》

喜多方ラーメンが「ご当地ラーメンランキング」で第3位

 令和6(2024)年1月17日、旅行情報誌「じゃらん」が、
  「現地で食べたい!ご当地ラーメンランキング」
を発表した。
 喜多方ラーメンが底堅い人気を発揮し3位に選定。
 発行元であるリクルートが、全国各地で人気のある「ご当地ラーメン約30種類」から、得票を基にランキング化したとのこと。
 
1位 博多ラーメン 福岡県
2位函館ラーメン北海道
3位喜多方ラーメン会津
4位旭川ラーメン北海道
5位新潟濃厚味噌ラーメン新潟県
 
6位 富山ブラックラーメン 富山県
7位久留米ラーメン福岡県
8位尾道ラーメン広島県
9位味噌カレー牛乳ラーメン青森県
10位熊本ラーメン熊本県

喜多方ラーメンについては、こちら.》

過去のトピックスは、こちら.》


(冬季特集) ス キ ー 場 案 内

・・ 全国的に有名なスキー場から、玄人が好むスキー場まで ・・
・・ 上級者が満足するコースから、初心者でも楽しめるコースまで ・・
・・ 会津には、それらのすべてが揃っている ・・

猪苗代・磐梯高原   南会津町   穴場

続 き は、 こ ち ら で !

会  津  へ  行  く

 高速道の推奨ルート  一直線の最短ルート
 足尾経由のルート  金精峠経由のルート
 奥只見シルバーライン・ルート  田子倉ダム眺望ルート
 
 1か所 立ち寄ってから会津に入る ( 東から  南から  西から  北から )

 新幹線での最短路線 (JR郡山駅からの磐越西線コース)
   JR小出駅からの只見線コース   JR新津駅からの磐越西線コース
 私鉄で車窓を楽しむ路線
 夢街道会津号(予約制)  白虎ライナー(予約制)

 ご縁のある地  先祖が一緒、親戚だったり、親しい友人・知人だったかも!

 経由する地域の見どころ

「会津へ行く」は、こちら。

会  津  で  遊  ぶ

 会津若松市の見どころ  構成する市町村の見どころ

 会津で遊〜ぼ! 観光コース  (人気コース  散策  こだわりコース)

 巡礼、願掛け  (会津六詣出  ころり三観音  会津三十三観音  など)

 持ち帰れない名物を味わう (ソースカツ丼  会津ラ−メン  喜多方ラーメン など)
 
 郷土料理     (小汁  ニシンの山椒漬  棒たら煮  イカにんじん  など)
 
 名産品・特産品  (名酒  名菓  会津塗  絵ろうそく  桐製品  など)

 行事と祭りの暦  (1月2月3月4月5月6月7月〜〜)

「会津で遊ぶ」は、こちら。

会  津  を  知  る

 風 土  (会津の三泣き什の掟 日新館小原庄助  〜〜  会津弁  など)

 説話・昔噺・伝説・神話・民話  (皆鶴姫翁島朱の盤夜泣石  など)

 偉人伝  (野口英世伊東正義井深大新島八重大山捨松  など)

 過去の特集      トピックス

 歴史年表  飛鳥時代以前奈良・平安時代鎌倉時代/前半 /後半  〜〜)
 
 歴代の領主・藩主  (蘆名氏伊達家蒲生家上杉家加藤家  など)
 
 戊辰の役  (幕末の軍制白虎隊幕末の領地殉難者の墓碑 /名簿  など)

「会津を知る」は、こちら。

サ イ ト に つ い て

 リロード (再読込、更新) すると、画像が入れ替わったりする。
 画像の上でクリックすると、詳細ページに移動したり、補足の画像や現地板の説明文などを表示するなど、様々な 「キー」 が設定されている (各市町村の最初の画像をクリックすると情報表示、など)。
 隠れていて、くまなく探さないと分らないような 「キー」 も、あちこちにある。
 ゲーム感覚、宝探し感覚で、そして “ヒマつぶし” に御覧あれ。

 通常のパソコン画面で、文字の大きさは標準 (100%)、上下はフル、左右幅は半分程度で見ると想定して制作 .
 また、間違いなどをご連絡いただければ幸いである。

サイトについては、こちら。

 各地で各位の協力を得て更新・追加を続けているが、協力者も増加し、すでに入手済みの資料にも関わらず、「公開の許諾が得られない」「許諾が未処理」「公開を控えている」などの理由でサイトに不記載のため重複して調査される場合が増大しているので、協力者のデータ共有化を図るべく、止む無く、関係者専用の非公開ページとして
   色の小さな文字 「」  「《■》」  「[■]
でサイトに載せることにした。
 皆々様には、何かと目障りであろうが、ご容赦いただきたい。