[戻る]  [TOP]    [行く]  [遊ぶ]  [知る]
経由地 → [白河市]  [中通り(除く白河)]
        [猪苗代町]  [北塩原村]  [下郷町]  [会津美里町]  [会津若松市]

高速道の推奨ルート

 江東区→ 平井大橋ランプ(3Km)・首都高速→ 浦和IC(30Km)・東北道→ 郡山JCT(247Km)・磐越道→ 会津若松IC(293Km)→ 材木町(298Km)

 東北自動車道を、ひた走りして北上。
 郡山JCTから磐越道の会津方面に入り、西に向かう。
 本線からの分岐は、この1か所だけで、迷うことはない。
 磐梯熱海ICを過ぎると、5つのトンネルが連続する。
 鞍手山トンネルを抜けると、会津に入る。
 正面に磐梯山、左手に猪苗代湖も見えてくる。

 間もなく猪苗代磐梯高原ICで、次の次が目的地の会津若松IC。
 磐梯山SAが、最後の休憩場所だ。
 適度な休憩を取っても、3時間半ほどで会津若松の市街地に着く。
 8月の旧盆だけは長蛇の渋滞であるが、普段は快適なドライブが楽しめる。
 一泊で会津を楽しむには、お薦めのルートである。

(休憩)  SA、PAが充実しているので、困らない。
 蓮田SA(45Km)→羽生PA(68Km)→佐野SA(85Km)→都賀西方PA(106Km)→大谷PA(126Km)→上河内SA(138Km)→矢板北PA(155Km)→黒磯PA(173Km)→那須高原SA(188Km)→阿武隈PA(206Km)→鏡石PA(221Km)→安積PA(233Km)→五百川PA(252Km)→磐梯山SA(281Km)

(記)
 ◇いつも夜明け頃に出発するので、事故渋滞以外は、快適に走れる。
   敦賀辺りで、たまに靄や霧のため見通しが悪い時があるので、早朝の走行には注意。
 ◇チョットした東京みやげは上河内SAで買い、ついでに朝食をとる。
   開店は、7時から (土日祝)。
 ◇お昼時なら、磐梯山SAの“ソースカツ丼”や“ミルク味噌らーめん”がお薦め。
   我慢して、到着してから人気店で美味しさを味わうのが良いかも。
 ◇帰路には、お薦めのルート。
   速くて楽なので、会津での感動の余韻を、自宅に持ち帰れるでしょう。


自動車道から出て、ちょっと寄り道

☆白河ICから、猪苗代湖を右まわりで、湖畔を走るルート

 → 白河IC(197Km)→ 猪苗代湖南・御代(240Km)→ 志田浜(256Km)→ 強清水(274Km)→ 材木町(289Km)

猪苗代湖湾岸道

 白河ICの出口は国道4号、ここを左方向に進む。
 4号を北上し、薄葉交差点を左折し、国道294号に入る。
 しばらくすると国道118号に合流するが、そのまま北上する。

御代の丁字路を右へ  御代の丁字路で294号と別れ、右折して県道4号に入る。
  (右の写真の突き当たりを右折)
 パサージュ猪苗代レイクサイドから300メートル先が会津である。
 志田浜に至るまでは、湖畔沿いを走り、向いに磐梯山も見える。

 上戸浜で、左折して国道49号に入る。
 志田浜を過ぎると、まもなく白鳥渡来地。
 ほどなく、いま人気の「野口英世の生家」に至る。
 その前には、「世界のガラス館」「猪苗代地ビール館」ができた。
 長浜の近くに、昭和天皇が新婚旅行を過ごされた「天鏡閣」があり、見ることができる。
 志田浜と長浜は、観光客が多い。
 「強清水」を過ぎると、まもなく会津盆地が、目の前に広がる。
 市内に入る手前に、「会津村」がある。巨大な観音像が目印。
 ここを過ぎると市街地は近い。

(休憩)  所どころにコンビニがあり、立ち寄り場所もあることはある。
 しかし、白河市街のコンビニで休憩しておくことをお勧めする。
 志田浜からは、観光地も多くなり、コンビニも現れるので、困ることはあるまい。
 「だれでもトイレ」は、志田浜と長浜にある。

(記)
 ◇294号の勢至堂手前に、こじんまりした“馬尾ノ滝”がある。
 ◇勢至堂トンネルの手前から入る旧道沿いに、かつて“殿様清水”なる銘水があった。
   参勤交代の途中で殿様が飲んだのが、名の由来である。
   トンネルができて、しばらくして、行けなくなった。
 ◇294号から別れて、すぐに舟津浜があり公園になっている。
   天気が良ければ、ちょっと立ち寄りたい。素晴らしい磐梯山と出会える。
 ◇志田浜には、多くの土産物屋や食堂・レストランが立ち並んでいる。
   なぜか、ソフトクリームが美味しい。
強清水
 ◇長浜を過ぎ峠に、茶屋が立ち並ぶ「強清水」がある。
   「ニシン、スルメ、饅頭」の天ぷらは、昔からの名物である。
   1個ずつの小売りもしているので、思い出にぜひ召し上がれ。
   今なお伝説の湧水も、こんこんと湧いている。
 ◇余裕があれば、「強清水」から、滝沢峠を越えたい。
   子どもの頃 (昭和30年初め) の幹線である。
   難所で、時々、車が落下していた。
   「旧滝沢本陣」に出ると、もう市街地に到着。

≪お薦めの立ち寄り場所≫
 猪苗代湖野口英世の生家強清水
  (滝沢峠経由なら) 旧滝沢本陣飯盛山さざえ堂
○ 天鏡閣世界のガラス館会津村
  (滝沢峠経由なら) 白虎隊記念館
△ 猪苗代地ビール館会津民俗館小平天満宮土津神社南ヶ丘牧場
  (滝沢峠経由なら) 白虎隊伝承史学館

☆白河ICから、猪苗代湖畔を左まわりするルート

 → 白河IC(197Km)→ 猪苗代湖南・御代(240Km)→ 強清水(262Km)→ 材木町(277Km)

黒森トンネル

 こちらは、古来からある白河街道を通るルート。
 見どころは少ないが、走りやすく、右まわりより距離が短い。
 御代までは、「猪苗代湖畔を右まわりで眺めるルート」と同じ。

御代の丁字路を左へ  御代の丁字路を左折して、引き続き、国道294号を走る。
  (右の写真の突き当たりを左折)
 曲がってすぐの食堂脇に、「三代の一里塚」がある。
 難所の黒森峠も、トンネルが、平成15(2003)年に完成した。
 黒森峠トンネルを抜けると、そこは会津。
 「強清水」で、国道49号に合流。
 これ以降は、「猪苗代湖畔を右まわりで眺めるルート」と同じ。

(休憩) 御代の交差点から、しばらくの間、コンビニはない。
 その前に休憩を、お勧めする。

(記)
 ◇このルートは、よく使う。
   理由は、自動車道より40キロも短く走りやすい。
   所要時間も、そん色なく、一般道だからタダである。
 ◇余裕があれば、二ツ谷付近で左折し、背あぶり山を越えていきたい。
   山頂のレストハウスには、休憩場所もある。
   下りの途中に、会津若松市街を一望できる場所がある。
   冬季は、閉鎖される。
   東山温泉に出ると、市街地である。
   その先には、「会津武家屋敷」がある。

≪お薦めの立ち寄り場所≫
 強清水
  (滝沢峠経由なら) 旧滝沢本陣飯盛山さざえ堂
  (背あぶり山経由なら) 市内が一望できる関白平の「おけいの碑」、会津武家屋敷
会津村   (滝沢峠経由なら) 白虎隊記念館
  (背あぶり山経由なら) 近藤勇の墓竹久夢二の歌碑
△ (滝沢峠経由なら) 白虎隊伝承史学館

☆白河ICから、鳥羽湖畔を通るルート

→ 白河IC(197Km)→ 鳥羽湖畔(225Km)→ 芦ノ牧温泉(252Km)→ 材木町(269Km)

羽鳥湖

 白河ICの出口は国道4号、ここを左方向に進む。
 4号を北上し、4キロほどの米村道北の交差点で左折し、県道37号に入る。
 羽鳥湖を右に眺め、羽鳥ダムで左折し、国道118号に入る。
 鳥羽湖周辺は別荘地となって道が良くなったと言っても山道だが、周囲の神秘的な雰囲気は捨てがたい。
 国道121号と丁字路で交わるが、右折し118号を進む。
 連続するトンネルの合間、右手に若郷湖を眺め、トンネルを抜ければ、芦ノ牧温泉である。
 白河からは、距離的には最短ルートでもある。

(休憩)  白河を抜けると、しばらくはコンビニもない。
 道の駅「鳥羽湖高原」の 次は芦ノ牧温泉まで、休憩場所も少ない。
 日光街道(会津西街道)と名が変わったら、コンビニか、会津鉄道の各駅で利用させてもらおう。
  〜那須高原SA(188Km)→道の駅「鳥羽湖高原」(220km)

(記)
 ◇芦ノ牧温泉の土産物屋が集まっている所に、ドライバー向けの温泉がある。
   全国的にも珍しい。 時間があれば話の種に、どうぞ。
 ◇羽鳥湖以外、寄るところが少ないルートなので、余裕があれば、「大内宿」に寄りたい。
   江戸情緒がそのまま残っていて、今でもその中で生活している全国でも珍しい旧/宿場町である。
   さらに、大内ダム沿いの新道を通って、高田の「伊佐須美神社」や、本郷の焼き物を巡ったら、思い出も深くなろう。

≪お薦めの立ち寄り場所≫
 大内宿
○ 伊佐須美神社
△ 小峰城跡南湖鳥羽湖湯の上温泉の駅本郷焼芦ノ牧ドライブイン温泉

☆白河ICから、甲子道路を通るルート

 江東区→ 平井大橋ランプ(3Km)・首都高速→ 浦和IC(32Km)・東北道→ 白河IC(197Km)→ 新甲子温泉入口(212Km)→安心坂トンネル出口(216Km)→ 甲子峠(222Km)→ 下郷町(239Km)→ 塔のへつりの入口(243Km)→ 材木町(270Km)

甲子トンネル

 白河IC出口から国道4号を1キロほど戻る。
 大清水交差点を右折して、8キロほど進むと国道289号に突き当たる。
 ここを左折すれば下郷町までは、道なりとなり、間違うことはない。
 新甲子温泉を過ぎると、剣桂トンネル、きびたきトンネル、片見トンネル、石楠花トンネル、縞石坂トンネル、安心坂トンネルが連続する。
 甲子温泉には行かず、そのまま甲子トンネルに向かう。
 甲子トンネルを抜けると会津に至り、南倉沢トンネルを抜けると甲子峠。
 峠を下り、山あいをしばらく走る。
 釜滝近くを通るが、道沿いではない。
 まもなく観音川が、時々顔を見せる。
 甲子峠から17キロほどで下郷町、会津西街道 (日光街道) に突き当たる。
 4キロほどで、「塔のへつり」の入口。
 さらに4キロで湯野上温泉に着き、その先を左折すれば大内宿に至る。
 今回は、直進するルートを案内している。

(休憩)  白河の市街地を抜けると、道の駅/しもごう (下郷町) までコンビニもない。
 那須高原SAで済ませることをお勧めする。
 下郷町に着いたら、コンビニか、会津鉄道の各駅で利用させてもらおう。
  〜那須高原SA(188Km)→道の駅/しもごう(230km)→下郷町の林中丁字路(239km)

(記)
 ◇「塔のへつり」には寄りたい。
   新緑、紅葉のころは圧巻である。
 ◇芦ノ牧温泉の土産物屋が集まっている所に、ドライバー向けの温泉がある。
 ◇立ち寄るところが少ないルートなので、余裕があれば「大内宿」に寄りたい。
   江戸情緒がそのまま残っていて、今でもその中で生活している全国でも珍しい旧/宿場町である。
   さらに、大内ダム沿いの新道を通って、高田の「伊佐須美神社」や、本郷の焼き物を巡ったら、思い出も深くなろう。
 ◇平成20(2008)年9月に甲子トンネル(4,345m)などが完成し開通した。
   新しい道路なので走りやすいが、那須ICから殺生石、那須甲子有料道路を通る際にお勧めのルートであろう。

≪お薦めの立ち寄り場所≫
 塔のへつり大内宿
○ 伊佐須美神社
△ 小峰城跡南湖鳥羽湖湯の上温泉の駅本郷焼芦ノ牧ドライブイン温泉

☆磐梯熱海ICから、母成峠・観光高原道路の眺望を楽しむルート

 磐梯熱海IC(256Km)→ 母成グリーンライン・母成峠(270Km)→ 磐梯吾妻レークライン・秋元湖畔(287Km)→ 桧原湖畔(302Km)→ 磐梯ゴールドライン・望湖台(306Km)→ 材木町(338Km)

桧原湖

 秋元湖小野川湖桧原湖五色沼を巡る、一押しのルート。
 時間のある方には、お勧め。
 磐梯熱海ICから24号に入り北上、母成グリーンラインに入る。
 古戦場の母成峠で会津に入る。 峠を越え下り、 中ノ沢温泉で会津若松の方向に左折し、国道115号に入る。
 4キロほどで、交差点を右折する。
 ほどなく、磐梯吾妻レークライン。 左手に、秋元湖が見える。
 小野川湖近くで右折し、459号に入る。
 五色沼、「裏磐山3Dワールド」「裏磐山噴火記念館」があり、桧原湖の遊覧船乗り場に至る。

 磐梯ゴールドラインに入り、望湖台山湖台を経て、7号に入る。
 磐梯町で64号に入り、八田で右折し国道49号に入る。
 すぐに巨大な観音像が見え、「会津村」がある。 ここを過ぎると市街地は近い。

(休憩)  磐梯熱海ICから、コンビニはない。
 各観光高原道路のパーキング、桧原湖の休憩所で済まそう。
 いざとなったら、土産物屋にお願いしよう。

(記)
 ◇結構、時間がかかるため、余裕も持って行きたい。
   素晴らしい新緑、紅葉シーズンを問わず、四季折々、季節の美しさが実感できる。
   いく度となく行っても、また行きたくなるほど、違った表情を見せてくれる。
 ◇五色沼も堪能したいが、近くに宿泊する時以外は、ちょっと時間的余裕はないだろう。
 ◇桧原湖は、ワカサギ釣りなどで、冬季も賑わっている。
   冬季は観光高原道路が閉鎖されるため、一般道を通ることになる。

≪お薦めの立ち寄り場所≫
 桧原湖
○ 磐梯山3Dワールド噴火記念館五色沼
△ 小野川湖秋元湖会津村

☆猪苗代磐梯高原ICから、猪苗代湖に立ち寄るルート

 → 猪苗代磐梯高原IC(274Km)→ 長浜(281Km)→ 強清水(287Km)→ 材木町(302Km)

猪苗代湖

 猪苗代ICから115号をちよっと進んで、右折して国道49号に入る。
 ほどなく、いま人気の「野口英世の生家」にいたる。
 向かいに、「世界のガラス館」「猪苗代地ビール館」ができた。
長浜の遊覧船「白鳥丸」と「亀丸」



 間もなく、「長浜」があり、遊覧船乗り場がある。

 長浜の近くに、昭和天皇が新婚旅行を過ごされた「天鏡閣」があり、見学ができる。

 「強清水」を過ぎると、会津盆地が目の前に広がる。
 市内に入る手前に、「会津村」がある。巨大な観音像が目印。
 ここを過ぎると市街地は近い。

(休憩)  観光地が続くし、コンビニも多いので、困ることはない。

野口英世の生家 (記)
 ◇猪苗代におりたのだから、「野口英世の生家」に立ち寄ろう。
   想像以上に小さな家である。
   偉業を成し遂げることと、貧富の差とは、関係ないようだ。
   そのそばに、「野口英世記念館」もある。
   平日ならば、近くに「野口英世の里局」の名の郵便局がある。
   記念に立ち寄ったらいかが。

 ◇「世界のガラス館」も大人気である。
 ◇猪苗代湖の長浜に寄って、「天鏡閣」も見てみよう。
 ◇「強清水」の天ぷらも、ぜひ味わってみよう。

≪お薦めの立ち寄り場所≫
 猪苗代湖野口英世の生家強清水
○ 天鏡閣長浜で遊覧船世界のガラス館
△ 猪苗代地ビール館会津民俗館小平天満宮土津神社南ヶ丘牧場会津村

 ぜひ    ○ お勧め    △ 興味があれば
[戻る]  [TOP]    [行く]  [遊ぶ]  [知る]
経由地 → [白河市]  [中通り(除く白河)]
        [猪苗代町]  [北塩原村]  [下郷町]  [会津美里町]  [会津若松市]