[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]

会   津   と   は

 全国的には、戊辰の役の印象が強烈のようであるが、元々は仏都である。
 奈良・京都・鎌倉・平泉とともに、五大仏都のに数えられている。
 奥州平泉よりも古く、平安時代には東北の仏教文化の中心地であった。
 欽明天皇元(540)年、梁国から渡来の高僧/青巌により庵が結ばれ、三千坊を数えるまでに栄えた高寺へと発展する。
 越後海岸への漂着による渡来ではあったが、仏教公伝 (日本書紀) とされる欽明天皇13(552)年10月よりも古く、仏教が初めて日本に伝来との説もある。
 次いで、徳一大師が開創した慧日寺は、最盛期に寺領18万石、子院3千8百、 寺僧3百人、僧兵6千人を擁したが、平家に与したため徐々に勢力を失い、伊達政宗公の会津侵攻で、すべてが焼失した。
 各地にあった神社仏閣も、戦乱で大半が焼失した。

 人々の栄枯盛衰の営みを見続けてきた大自然は、今なお健在である。
 磐梯朝日国立公園、尾瀬国立公園、日光国立公園、越後三山只見国定公園があり、北に飯豊山、西に駒ケ岳、南に帝釈山、東に吾妻山など標高2千メートル の山々に囲まれ、黄金の磐梯山を有する。
 猪苗代湖など清らかな湖や、桧原湖秋元湖小野川湖なども新たに誕生した。
 積雪も多い。
 連なる山々に蓄えられた雪は、真夏の水源となり、枯れることはない。
 せせらぎから小川へ、川へ、河へと姿をかえ、日本海と太平洋の2つに注ぐ。
 それらが織りなす風景は、今も変わらない。
 豪雪地帯にもかかわらず“やませ”の影響はなく、夏の日中はフェーン現象で高温となる。
 平野部では稲作が盛んで、山間部では蕎麦の生産が多く、日本有数の穀倉地帯でもある。
 豊かな水源にあふれる耕作地は、そこに住む者にとって豊かすぎる。
 ただ、1年の4分の1は雪との戦い、1人では戦えない。
 争いを好まない気質は、そこから育まれたという。
 競い合う芸能人などの輩出が、少ないといわれる所以である。
 日本海に注ぐ分水嶺の西側に位置するため、越後の風土と共通する点も多いが、今でも独特の風土・慣習が引き継がれている。

 数多くの遺跡が発掘されており、旧石器時代から人々が生活を営んでいた。
 地名「会津」の由来については、崇神天皇の神話時代、四道将軍/大彦命(おおびこのみこと)と子/建沼河別命(たけぬなかわわけのみこと)が合流したことに由来する「相津」からと云われている。
 その他にも、
  ◇ 阿賀野川と只見川の合流地一帯が舟運で栄えており「川が合わさる (会う) 港 (津)」から
  ◇ 日本海側からと太平洋側からの物質の取り引きのため「会う水辺」から
など諸説もある。
 律令制度での陸奥国会津郡であったが、平安時代に会津郡・耶麻郡・大沼郡・河沼郡 (会津四郡) に分離された。
 会津四郡を再び統一した蘆名氏や、上杉景勝公蒲生氏郷公の時代は、中通りの伊達郡・信夫郡・刈田郡、出羽国置賜地方・庄内地方、佐渡、越後国東蒲原なども治めていた。
 現在の会津は、東を奥羽山脈、北を飯豊山地、西を越後山脈、南を帝釈山脈に囲まれた地域である。

面 積

 総面積 5,420Km2

 都道府県としての面積は、
  1位 北海道 83,456Km2
  2位 岩手県 15,278Km2
  3位 福島県 13,782Km2
  4位 長野県 13,562Km2
と第3位であるが、会津だけでも、
  愛媛県 (5,677Km2) に次ぐ広さがあり、
  愛知県 (5,164Km2)、千葉県 (5,156Km2) を凌駕している。

人 口

 総人口 28万人強

 都道府県としての人口は、
  1位 東京都 1,300万人
  2位 神奈川   900万人
  3位 大阪府   880万人
  〜〜
  17位 岐阜県   208万人
  18位 福島県   202万人
  19位 群馬県   200万人
であるが、会津としては、
  最も少ない第47位の鳥取県  58万人
の半数にも満たない。
 大半が、若松を中心とした会津盆地に集まっている。
 幕末には、現在の福島県で最大の人口を誇る城下町であったが、今では見る影もない。
 面積は縮小されたので比較するのは難しいが、ほとんど当時の人口と変わっておらず、戊辰の役による破壊や、戦後の宿場町の解体など西軍の仕打ちが、今なお影響が色濃く残っている。

 会津は、17市町村で構成されている。
 耕作が可能な空間ごとに、住み処として発生、発展してきた。
 今でも、山々などの豊かな自然が、それらの地域を結んでいる。
 その中心地が、歴代の居城があった若松である。

  @会津若松市 A会津坂下町 B会津美里町 D金山町 C猪苗代町
  E喜多方市 F北塩原村 G下郷町 H昭和村 I只見町
  J西会津町 K磐梯町 L檜枝岐村 M三島町 N南会津町
  O柳津町 P湯川村

 広域行政圏は、下記の3つに分かれている。

  会津若松
広域行政圏
@ 会津若松市 A 会津坂下町 B 会津美里町 C 猪苗代町
D 金山町 H 昭和村 K 磐梯町 M 三島町
O 柳津町 P 湯川村
  喜多方
広域行政圏
E 喜多方市

F 北塩原村

J 西会津町

  南会津
広域行政圏
N 南会津町

G 下郷町

I 只見町

L 檜枝岐村


[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]