戊  辰  の  役  /  殉  難  者

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]

和   歌   山   県

安部井留四郎 (念興寺)

安部井留四郎の墓

 大砲白井隊。
 慶応4(1868)年1月、鳥羽で負傷し、友軍の足手纏いにならぬよう10日に念興寺で自刃した。
 享年28歳。
 「慈光院釈信了」。


念興寺墓域

 墓域の最上段近くに、土肥仲蔵の墓と並んである。 新しい案内板があるので、すぐ分かる。

土肥仲蔵の墓

土肥仲蔵

 幕臣。 京都見廻組隊士。
 慶応4(1868)年1月、鳥羽伏見の戦いで負傷し、友軍の足手纏いにならぬよう念興寺で11日に自刃した。
 36歳。

念興寺

 ▲(由良町大字網代97 Tel. 0738-65-0329)


皆川守之助政詮 (光専寺)

皆川守之助政詮の墓

 内藤介右衛門隊士。
 元治元(1864)年の禁門の変で大活躍。
 慶応4(1868)年1月、鳥羽伏見の戦いで負傷し、
同月18日に死去。
 享年28歳。
 「釈善教信士」。
 新しい案内板があるので、すぐ分かる。


光専寺

 ▲(由良町大字里117 Tel. 0738-65-0371)


佐々木只三郎源高城 (紀三井寺)

佐々木只三郎源高城

 会津藩士/佐々木源八の3男。
 神道精武流を極め、「小太刀日本一」と称される。
 幕府講武所の剣術師範も勤めた。 京都見廻組を率い (与頭)、新選組と最後まで京都の治安維持に努める。
 慶応4(1868)年1月6日、鳥羽伏見の戦い/樟葉で負傷し、同月12日の江戸に向かう途中に和歌山/紀三井寺で死去。 35歳。
 昭和50(1975)年8月、会津武家屋敷に移された。
 ここにある墓碑は、その後に造られたレプリカ。
紀三井寺  世はなべて うつろう霜に ときめきぬ
     心づくしの しら菊の花

 ▲入場有料 (和歌山市紀三井寺1201 Tel. 073-444-1002)
   [閑話]

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]