ネ  ッ  ト  で  参  拝

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [会津美里町]

伊 佐 須 美 神 社

伊佐須美神社 (会津美里町高田字宮林甲4377 Tel.0242-54-5050)

以下の緑色の文は、現地の「説明板」から

鳥 居

鳥居

 堂々とした朱色の鳥居の左奥には、数件の土産店。
 呼びこみではなく、日常の挨拶をかけられる。
 とても心地良い。

伊佐須美天神菅原神社

伊佐須美天神菅原神社 絵馬

 立て札には、
  学問の神様 知恵の神様
  合格・必勝 祈願絵馬
  入試合格 就職成就
と御利益が記載されており、数多くの絵馬が奉納されている。

神牛 ≪神牛の由来≫
 知恵の神様菅原道真公の御使として有名な神牛は、これを三回なでると願い事が叶うと言う故知に習い、なで牛とも唱されています。
 諸々の願いを込めて神牛をなで、お祈り下さい。

伊佐須美天神菅原神社

宝物殿

宝物殿

宝物殿の案内文


左図をクリックで拡大。

楼門

楼門

楼門の左 楼門の右

交通安全/祈願所 ≪祠≫
 自動車のための交通安全/祈願所 ?
 交通安全の守護神としても崇敬されているようだ。
楼門の中通路  楼門の中通路の入口手前にある。

≪楼門の中通路≫

本殿

本殿
左の狛犬 右の狛犬

  ≪伊佐須美神社重要文化財≫
国指定 主漆金銅装神輿
 室町後期の作で小型ながら神輿中の逸品。 高田館主芦名盛安とその子盛常が神の加護を感謝して、太永六年 (一五〇九) 当社に寄進したと社記にある。 屋根は銅版張り、各部の金物及び輪宝紋はすべて金銅装、芦名家紋をつけてある。
 木部は主漆塗、軒先の蕨手に燕の飾りがあり、鳥居階段に特徴がある。
県指定 木造狛犬
 手法から見て室町時代の作で寄木造り、頭小胴大の平安鎌倉期の姿態と比較して異風がみられる。 巨大な点では全国でも稀なものである。

会津美里町教育委員会

西門 東門 ≪西門≫
≪東門≫
東門の参道

拝殿

仮拝殿

 平成20(2008)年10月の火事で焼失、残念である。
 現在、仮の拝殿。
拝殿の完成図  右図をクリックで拡大。

御用材の欅
 再建のための御用材の欅 (けやき) が、鳥居の前に搬入されていた。
 総重量13トンと記載されていた。
 完成図によれば、高さ32メートルとのこと。

薄墨桜

薄墨桜

 神殿の火災の影響を受け、3分の1ほどが焼けてしまった。
 幾度かの火災に遭ったが生き抜いてきたのだから、今回も復活を願いたい。
 薄墨桜の解説は、左の写真および表題をクリック。

松平容保の歌碑

松平容保の歌碑

     薄墨桜を詠んだ歌碑が手前にある。
      「世の人の 心や深く染めぬらん うす墨桜 あかぬ色香に


天海大僧正御手植檜

 永禄元(1558)年、天海大僧正が植栽と伝えられる。
 本殿の東側にある幹周4メートルの大樹。

飛竜乃藤 飛竜乃藤
 高さ30メートルほどのシラカシの木に絡み付いている。
 その姿は飛竜のようである。
 こちらも火災の影響で、3分の1ほどが焼けた。

神代桜 宮川千本桜

 桜の開花の季節なら、薄墨桜のほかにも近くに見所「宮川千本桜と、神代桜」がある。
 いずれも、大鳥居からすぐ。


あやめ苑

 あやめの季節なら、大鳥居の前にある「あやめ苑」に寄ろう。
 毎年6月15日から7月5日まで、「あやめ祭り」が盛大に開催される。
 右の写真をクリックで拡大。

 焼失した拝殿などの再建は、すでに進められている。
 炎にさらされた薄墨桜と飛竜乃藤も、なんとか再生するのではないかとのこと。
 まずは一安心だが、元の姿のようになるのに、20年以上かかると見られている。
 順調な再生を願いたい。

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [メニュー]  [会津美里町]