日 光 市 ・ 経 由 地 の 見 ど こ ろ

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [経由地]    [日光地区]  [足尾地区]  [今市/栗山]  [ご縁]

ご縁については、こちら。

藤   原   地   区

鬼怒川温泉

あさや 鬼怒川温泉ホテル きぬ川国際ホテル
ほてる白河湯の蔵 谷川ホテル七重八重 鬼怒川プラザホテル
佳祥坊福松 まごころの宿一心舘 花の宿松や
鬼怒川御苑 彩里の宿大滝 鬼怒川金谷ホテル
グランドホテル夢の季 鬼怒川パークホテルズ 鬼怒川ホテルニュー岡部
サンシャイン鬼怒川 鬼怒川温泉山楽 渓流の宿緑水
若竹の庄 鬼怒川観光ホテル別館 ホテルニューさくら
ハーヴェスト鬼怒川

鬼怒川温泉

 日光の北部に位置し、鬼怒川上流にある。 東京の奥座敷と呼ばれ、関東を代表する歓楽街の色合いが強い温泉地。
 古くは「滝の湯」と呼ばれていたが、対岸に藤原温泉が次々に発見されたため、昭和初めに2つ合わせて鬼怒川温泉に改名した。 「傷は川治、火傷は滝 (鬼怒川)」といわれ、火傷の湯治場としても利用された。
 ☆泉質 単純温泉 (単純温泉、アルカリ性単純温泉)
鬼怒太の湯    効能 一般的適応症、火傷

≪鬼怒太の湯≫
  東武鉄道の鬼怒川温泉駅前にある無料の足湯、手湯。
    (日光市鬼怒川温泉大原1404-1
     日光市藤原総合支所観光商工課 Tel.0288-77-2052)

江戸ワンダーランド 日光江戸村  ■江戸ワンダーランド 日光江戸村
    (日光市柄倉470-2
        Tel.0288-77-1777)

日光猿軍団  ■日光猿軍団
    (日光市柄倉763
        Tel.0288-76-8259)

鬼怒川温泉ロープウェイ  ■鬼怒川温泉ロープウェイ
    (日光市鬼怒川温泉滝834
        Tel.0288-77-0700)

東武ワールドスクウェア  ■東武ワールドスクウェア
    (日光市鬼怒川温泉大原209-1
        Tel.0288-77-1055)

川治温泉

湯けむりの里柏屋 川治温泉蘭綾 せせらぎの宿如水庵
お宿東山閣 長生閣明月苑 登隆館
宿屋伝七

川治温泉

 鬼怒川と男鹿川が合流する峡谷にある温泉。
 江戸時代の享保年間に、男鹿川が氾濫した際に発見され、会津西街道の温泉宿場として発達。
 「傷は川治、火傷は滝 (鬼怒川)」といわれ、創傷の湯治場としても利用された。

 ☆泉質 単純温泉 (アルカリ性単純温泉)
   効能 一般的適応症、怪我、創傷、火傷


天女魚 (あまめ)

 川治温泉郷のオリジナル鯉料理。
 この地の澄んだ水で育った鯉を、姿の美しさから天女魚と呼んでいる。

龍王峡

龍王峡

 鬼怒川温泉川治温泉の間にある、鬼怒川上流部の峡谷。
 2,200万年前の海底火山の爆発でできた数々の奇岩や怪石は、迫力ある景勝地である。
 龍が暴れて出来たような景観から名付けられた。

 大きく3区画に分けられる。
  ◇ 紫がかった安山岩で形成された上流の紫龍峡。
  ◇ 青みがかった緑色凝灰岩で形成された中流の青龍峡。
    材木岩、獅子岩、白岩が見どころ。
  ◇ 白っぽい流紋岩で形成された下流の白龍峡。
    虹見の滝、白竜ヶ淵、岩ノ原、大観石、兎跳などが見どころ。

市営無料駐車場/龍王峡

市営無料駐車場/龍王峡

 会津西街道(国121号)の、鬼怒川温泉川治温泉のほぼ中間に位置している。
 隣接した2区画の駐車場から成る。
 両方ともトイレが改築され、「だれでもトイレ」が設置された。

 [閑話]

市営無料駐車場/龍王峡  会津寄りの駐車場には、龍王峡駅がある。
 線路も駅のホームも階下にあり、気付きにくい

 鬼怒川温泉から先に出来た有料のバイパスは、龍王峡を通らないので注意。
 ▲(日光市藤原)

楯岩

楯岩

 高さは約100メートルもある巨大な一枚岩。
 立岩橋から見える。
 ライン下りで見ると、さらに迫力ある。
楯岩の立岩橋
 楯岩に登る散歩道がある。
 橋を渡って、片道5〜6分程度。

鬼怒川ライン下り

鬼怒川ライン下り

 行程は、鬼怒川温泉から大瀞までの約6km。
 奇岩や怪石が創りだした渓谷美を、スリル満点の船で楽しむ。
 営業期間は、4月中旬から11月下旬の間。
鬼怒川ライン下りの図  ▲鬼怒高原開発株式会社
   (日光市鬼怒川温泉大原1414
    Tel. 0288-77-0531)

五十里湖

五十里湖

 天和3(1683)年の、日光大地震による山崩れで出来た。
 江戸の日本橋から、五十里(約200Km)の距離にあることから名付けられた。
 野岩鉄道の湯西川温泉駅前から、五十里湖が見える。

(記) 五十里湖を見渡せる小高い丘に、大きなドライブインがあった。
 広い駐車場も完備されており、仮眠などの休憩には、必ず立ち寄っていた。
 パイパスのトンネルが完成したため、迂回することになり、閉鎖された。
 駐車場の脇には桜も植えてあり、紅葉の時期とあわせて、見事だった。

道の駅/湯西川

道の駅/湯西川

 平成18(2006)年8月18日開設。
 会津西街道(国121号)の「湯の郷トンネル」を抜け、左折した200メートル弱の所にある。
 野岩鉄道/湯西川温泉駅と直結しているため、鉄道利用者の利用も多い。
道の駅/湯西川の足湯  足湯にも人だかり。


 ▲(日光市西川478-1 Tel. 0288-78-1222)
    ・9時〜17時 (温泉施設は、〜21時)

日塩もみじライン

日塩もみじライン

 龍王峡から塩原温泉郷を結ぶ約28キロの有料道路。
 富士見台の展望台からは、富士山が見えるという。
 名の通り、紅葉は見事。
 太閤下ろしの滝、白滝(峠の茶屋)も見どころ。

 ▲道路公社(日光市木和田島2096-1 Tel. 0288-32-2325)
白滝(峠の茶屋) 太閤下ろしの滝

上三依水生植物園

上三依水生植物園の入口

 男鹿川沿いにある2万2千平方メートルの園内に、約300種の草花が鑑賞できる。
 開園は、4月中旬から11月下旬の間。

 ▲(日光市上三依682 Tel. 0288-79-0377)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [経由地]    [日光地区]  [足尾地区]  [今市/栗山]  [ご縁]