日 光 市 ・ 経 由 地 の 見 ど こ ろ

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [経由地]    [日光地区]  [今市/栗山]  [藤原地区]  [ご縁]

ご縁については、こちら。

足   尾   地   区

足尾銅山観光

足尾銅山観光

 江戸幕府直営の銅山として、足尾千軒と呼ばれるほどに栄えた。
 明治以降は民営化され、日本一の銅山に発展する。
 その坑内の一部を、観光として利用している。
 人形による坑道内の展示、資料館などが見学できる。
 ▲足尾銅山観光管理事務所
    (日光市足尾町通洞9-2 Tel. 0288-93-3240)

掛水倶楽部(古河迎賓館)

掛水倶楽部(古河迎賓館)

 足尾銅山の最盛期に、古河鉱業が華族や政府高官などを招いた迎賓館。
 現在でも古河機械金属が使用しており、一般公開は、土曜日・日曜日・祝祭日のみで、12月上旬〜3月下旬までは休館。

 ▲(日光市足尾町
    Tel. 平日 0288-93-3255、土・日・祝日 0288-93-2015)

古河橋

古河橋

 明治20(1887)年、足尾町の赤倉と本山に通じる動脈であった木橋の直利橋が、大火で焼失した。
 架け替えの際、銅山の功労者・古河市兵衛にちなみ、名付けられた。
 ピン結合のワーレントラス橋で、ドイツ人設計によるもの。
 現存する日本で最も古い道路用鉄橋とのこと。

松木渓谷

松木渓谷

 明治時代の煙害や山火事などによってできた景観で、草木の生えていない岩壁は、独特の雰囲気を出している。
 日本のグランドキャニオンと呼んでいる。
 昔、松木村であったことから名付けられた。

足尾温泉・庚申の湯

足尾温泉・庚申の湯

 122号から山道を5キロほど入る。
 ☆泉質 単純温泉 (アルカリ性単純温泉)
   効能 神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、冷え性など
 ▲足尾町営国民宿舎 かじか荘
    (足尾町銀山平5488 Tel.0288-93-3420)

[戻る]  [TOP]  [行く]  [遊ぶ]  [知る]    [経由地]    [日光地区]  [今市/栗山]  [藤原地区]  [ご縁]